黒汁ブラッククレンズの栄養素

黒汁(KUROJIRU)に含まれる栄養素

食事と置き換えても問題ないぐらい栄養素が豊富に含まれ、栄養補助食品としても使える黒汁(KUROJIRU)。

黒汁(KUROJIRU)の栄養素には一体どのようなものがあるのでしょうか?

黒汁ブラッククレンズ黒汁(KUROJIRU)には主に、炭、黒成分、乳酸菌、発酵エキスの4種類の成分が含まれています。

〇炭

黒汁(KUROJIRU)には

・ヤシ殻活性炭

・赤松炭

・もみ殻由来の炭末色素

の3種類の炭が配合されています。

炭といっても食用炭で、医薬品やサプリメントの原料として使われる体に安心安全なものです。

炭には体内の有害物質を吸着する効果があり、高いデトックス効果を発揮します。

〇9種類の黒成分

・発酵黒ショウガ

・黒ジャバラ

・黒スグリ

・黒大豆きなこ

・黒酢

・黒ニンニク

・黒高麗人参

・黒ハチミツ

・黒チアシード

どの素材も、ポリフェノールやアミノ酸などの美容成分を多く含む健康素材です。

炭の有害物質の吸着効果と相まって、体の内側からキレイになる力を高めてくれます。

〇2種類の乳酸菌

・キムチ由来のスタイル乳酸菌

・ヒト由来のナノサイズ乳酸菌

乳酸菌は腸内環境を整えスッキリ効果を高めてくれます。

特に植物性乳酸菌であるスタイル乳酸菌はキムチ由来のもので、燃焼ダイエット効果が期待できます。

〇250種類以上の植物や果物発酵エキス

様々な果物や植物など250種類以上の素材を発酵させたものが配合されています。

食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富にバランスよく摂取することができます。

このように、黒汁(KUROJIRU)の栄養素は非常に豊富であることがわかります。

デトックス効果の高い炭や乳酸菌でスッキリ効果を高めるだけでなく、黒成分や発酵エキスから豊富な美容成分や食物繊維やビタミンやミネラルもきちんと摂取できるのですね。

黒汁(KUROJIRU)と青汁、同じ汁だけど何が違う??

豊富な栄養素から、健康食品としても優秀なドリンクである黒汁ブラッククレンズ。

しかし健康のためのドリンクといえば、昔から印象的なCMで有名なのは「青汁」ですよね。

黒汁(KUROJIRU)と青汁、おなじ汁=ドリンクですがどのような点に違いがあるのでしょうか?

黒汁(KUROJIRU)の販売元であるファビウスから発売されている「すっきりフルーツ青汁」と成分や効果を比べてみました。

黒汁(KUROJIRU)にも青汁にも、同じように乳酸菌や食物繊維やビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

それらの成分により、スッキリ効果や美容効果が得られるのはどちらも同じようです。

決定的な違いは、青汁には80種類以上の酵素が含まれていることです。

酵素を体内に取り入れると、代謝がアップして痩せやすい体質になることができます。

体内の酵素は加齢とともに減っていくものですが、ストレスや睡眠不足や乱れた食生活が原因で減ってしまいます。

青汁はその酵素を補うことによって、代謝のよい体をつくり、ダイエット効果を発揮します。

黒汁(KUROJIRU)は炭のデトックス効果によってダイエット効果を発揮するものでした。

つまり黒汁(KUROJIRU)も青汁も、豊富な栄養素や美容効果やダイエット効果があるのは一緒ですが、ダイエット効果を発揮する成分とその仕組みが異なっているのです。

>>黒汁(KUROJIRU)公式サイト