間食におすすめの安いおやつ5選!体に良くて太らない食べ物はある!?

美容と健康

小腹が空いていると、やるべき作業に集中できないときがありますよね。私はお腹が空くとすぐに集中力が切れてしまうので、つい間食してしまいます。

しかし、スイーツやポテトチップスなどの間食は太る原因にもなるうえにお金も使ってしまうので、食べたあとに後悔することがあります。

できるだけ安いうえに体に良い間食があったら、毎日食べられるようにストックしておくのに…と思いませんか?

体に良いとされて、価格が安い間食でおすすめなのは、バナナ、ヨーグルト、するめ、チョコレート、ミックスナッツの5つです。

この記事では、厳選した「体に良く価格が安い」おすすめの間食5つについてご紹介しています!

さらに、コンビニでお手軽に買えるおすすめお菓子もご紹介します。体に良くコスパが良いお菓子で、小腹を満たしていきましょう。

 

 


間食におすすめの安いおやつ5選!コスパ重視!


仕事をしたり、勉強したり、家事をしたり…。日々自分のやるべきことを頑張っていると、ご飯の時間より前にお腹が空くことがありますよね。

空腹は集中力が無くなってしまうことにもつながるため、少し何か間食として食べるのもいいですよね。

そして、もし間食をするとしたら体に良くて手軽に買えるような安いおやつだと食べやすいと思います。

体に良くて値段が安い間食としておすすめしたいのは、バナナ、ヨーグルト、するめ、チョコレート、ミックスナッツの5つです。

この5つは特に値段もお手頃で、コンビニやスーパーに行けばすぐ手に入るものばかりです。

ほかにはどういう基準でこの5つのおやつを選んだの?

今回ご紹介するおやつのおすすめポイントは4つあります!

厳選おやつのおすすめポイント

  1. 価格が安い
  2. コンビニやスーパーで手軽に買える
  3. 満腹感が得られる
  4. 体に良い

ここからは5つのおすすめおやつについて、それぞれ具体的に紹介していきたいと思います。

体への良い効果はおやつごとに違っていますので、ぜひ自分にあったおやつを探してみてくださいね。

 

間食におすすめ①バナナ

1つ目にご紹介する間食は、安くて体に良いバナナです!

バナナの価格は買う場所や時期にもよりますが、大体1本30円(税込)程で買うことができます。果物の中でも安いですよね。

食べ方も皮を剥くだけなので、簡単で調理いらず。

バナナは実は栄養が豊富。便秘に効く食物繊維や、いろいろな種類のビタミンが含まれており、体の調子を整えてくれます。

牛乳と一緒に食べるのも、カルシウムやタンパク質を一緒に摂取することができるのでおすすめです!

 

間食におすすめ②ヨーグルト

2つ目におすすめしたい間食は、ヨーグルトです。

ヨーグルトはコンビニやスーパーで比較的安価に買うことができます。さらにタンパク質が豊富で腸内環境を整えることができる優秀なおやつです。

私は毎日ヨーグルトを食べる習慣をつけていますが、便秘に悩まされることが大分減りました!

さらにヨーグルトのおすすめポイントとしては、種類が豊富でいろいろなものを試すことができるという点が挙げられます。

スーパーやコンビニに行くと、ヨーグルトが1種類しか無いということはほぼありませんよね。大体はどのお店も数種類のヨーグルトを置いています。

「どれを選べば良いのだろう…。」と迷ってしまう場合は、無糖のヨーグルトを買って自分ではちみつなどを使って甘味を付けるようにしてみるのもおすすめです。

加糖のヨーグルトよりも余計な糖分や食品添加物を摂取することを防ぐことができますよ。

ドライフルーツやグラノーラを入れてみるのも良いアクセントになります。自分好みのヨーグルトを探してみると良いかもしれませんね。

 

間食におすすめ③するめ

間食におすすめしたい3つ目は、するめです!

おつまみコーナーによくあるけど、おやつとしても食べられるね!

するめのおすすめポイントは、少量でもよく噛むことによって満腹感を得られるという点です。

実は、あごをあまり使わないような柔らかい食べ物よりも、硬くてあごを動かす回数が増える食べ物の方が、満足感を得やすいです。

さらに、するめはコンビニやスーパーでほぼ必ずと言っていいほど売っています。値段も安いですし、コスパが抜群です。

難点はほとんど無いですが、強いて言うなら同じ味が続くので食べ飽きてしまう可能性がある点でしょうか。

するめは味の種類はそこまで豊富では無いため、違うおやつとローテーションで楽しむのが良いのかもしれませんね。

 

間食におすすめ④チョコレート

4つ目に間食におすすめしたいのは、チョコレートです。

甘くておいしいチョコレートはおやつの定番ですが、太るから我慢していることもあるのではないでしょうか。

チョコレートは確かに太る原因にはなりますが、カカオが70%以上であることと、食べすぎないことさえ意識していればむしろ体に良い効果があるおやつです。

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、動脈硬化の予防や高血圧を改善する効果もあると言われており、合わせて美肌効果もあるとされています。

高血圧を防ぐことは生活習慣病を予防することにもつながっていきます。おやつを食べて健康にもつながるとしたら一石二鳥ですよね。

ただし、カカオが70%以上含まれているチョコレートは、値段もほかのチョコに比べて高いことが多いです。

「おやつにこんなにお金をかけられない…!」と思う場合は、普通のチョコを買っても大丈夫。ただし、食べすぎないように気をつけてみましょう。

チョコレートの摂取目安量

  • チョコレートの健康的な1日の摂取目安は、約20〜30g
  • 板チョコだと3〜5欠片ほど

私はチョコレートがとても好きで、ついつい手が伸びて食べすぎてしまうことが多いです。つい誘惑に負けてしまうこともありますよね…。

袋が小分けになっているチョコであれば、食べすぎを防ぐことができますよ。つい食べすぎてしまう場合は、小分けになっているものを選ぶことをおすすめします!

 

間食におすすめ⑤ミックスナッツ

5つ目におすすめしたい間食は、体に良い間食の定番であるミックスナッツです。

ナッツが体に良いということは割と有名な話ですよね。テレビや雑誌などでも紹介されることが多いと思います。

ナッツにはたくさんのビタミンが含まれており、食物繊維も豊富でダイエットにも効果的です。コンビニやスーパーで入手しやすいのも魅力的。

食感が硬いので、少しの量でも満足感につながります。少し口寂しいと思ったときにぴったりですね。

ただし脂質も多く含まれているので、食べる量には少し注意した方が良いでしょう。

後ほど詳しく解説しますが、ナッツは種類によってカロリーや太りやすいかどうかが変わってくる食べ物です。

また、砕いてサラダに混ぜたり、ヨーグルトにかけたりとアレンジも効きます。自分の好きな食べ方を見つけてみてくださいね。

 

 


間食におすすめのナッツは食べすぎには注意!

ここまで、安くて健康的な間食をおすすめしてきました。間食は量や食べるものに気をつけさえすれば、食べても良いものだということがわかりましたね。

続いて、先ほどご紹介したナッツについて、もう少し深掘りしていきたいと思います。

ナッツは食べる量に注意すれば、栄養価が高く体にとても良いおやつであると言えます。1日のミックスナッツの目安量は、片手で掴める程度の量です。

ナッツというと、どのようなイメージが浮かぶでしょうか。もしかしたら、油っこいおつまみというイメージを持っているかもしれません。

しかし、夕食までにお腹がすいてしまったので間食したいけれど、健康にも気をつかいたい場合にナッツはおすすめ。

脂質が多く含まれているのに、体に良いのはどうして?

ナッツに含まれている不飽和脂肪酸という脂質は、むしろ積極的に摂取するべき栄養だからです。ナッツを食べることでアンチエイジング効果や美肌効果が期待できます。

逆に、スナック菓子などに含まれている脂質は飽和脂肪酸と言い、摂取すればするほど脂肪となって体に蓄積されてしまいます。

つまり、お菓子など飽和脂肪酸がたくさん入っているものよりも、不飽和脂肪酸が含まれているナッツを食べた方が体に良いということですね。

また、ナッツは食物繊維も豊富です。食物繊維はお腹の中で膨らむという性質があるため、少量でも満腹感が得られます。

ナッツをおやつに食べるメリット

  • 体に良い脂質が含まれている
  • 食物繊維が豊富
  • 美肌効果がある
  • 少量でも満腹感が得られやすい

聞けば聞くほど、ナッツは体に良い効果があることがわかりますね。しかし、注意点として食べる量が挙げられます。

ナッツは脂質が多く、カロリーが高いということは事実です。そのため、食べすぎると太りやすくなる可能性があります。

ミックスナッツの場合は1日の適量が片手で掴める程度ということをご紹介しましたね。単体のナッツの場合、種類によって適量が異なります。

ナッツの種類適切な摂取量(粒)
アーモンド約20粒
クルミ約6〜7粒
ピーナッツ約35粒
マカダミアナッツ約14粒
カシューナッツ約23粒

クルミはほかのナッツよりも食べられる量が少ないように見えますが、1粒がほかのナッツよりも大きいため数が少ないのです。

単体で食べるよりもミックスナッツの方がいろいろな味を知ることができるのでおすすめです。最初はミックスナッツから始めてみても良いと思います!

 

 

間食におすすめのコンビニで買えるおやつ3選!

ここまで、特におすすめのおやつとしてミックスナッツをご紹介しました。ナッツは栄養素も高く、間食として優秀であることがわかりましたね。

最後に、実際にコンビニで買える間食にぴったりなおやつをご紹介したいと思います。

今回はヨーグルト、ミックスナッツ、チョコレートから1品ずつ、コンビニでも買えるヘルシーでおいしい商品をご紹介していきます。

コンビニで買えるおすすめおやつ

  • ダノン「オイコス」
  • 塩と油を使っていない素焼きミックスナッツ
  • ココナッツシュガーチョコレート

コンビニでおやつを買うときに、気になるのは太りやすいかどうかですよね。

「本当はチョコが大好きだから思いっきり食べたいけど、ダイエットしているから…。」と我慢していると、だんだんストレスも溜まってきてしまいます。

しかし、おやつの中でもヘルシーなものを選ぶことで、気兼ねなく間食をすることができます。

私はおやつや甘いものがとても好きなのですが、体に良いと書かれているおやつは物足りないと感じるのではないかと思って遠ざけていました。

しかし、今回選んだ3つのおやつは、体に良いものでできているにもかかわらず、普通に間食するのと同じくらい満足できます。そのくらいおいしいです!

ぜひこの中で気になるものがあれば、買って試してみてくださいね。

 

ダノン「オイコス」

最初にご紹介したいコンビニで買えるおやつは、ヨーグルトのダノン「オイコス」です。

このヨーグルトはコンビニ、スーパーで取り扱いしていることが多いです。比較的どこでも買えるのが魅力ですね。

値段は約150〜170円(税込)。お店によって違いがあります。

ダノン「オイコス」のおすすめポイントはタンパク質が豊富に含まれているところと、低カロリーなのに濃厚で食べ応えがあるところです。

ダノン「オイコス」は一般的なヨーグルトとは違い、ギリシャヨーグルトという種類です。

ギリシャヨーグルトは、普通のヨーグルトを水切りして粘度をより高めたもの。スプーンですくっても落ちないくらいハードな質感です。

カロリーは1つ90kcalとヘルシーにもかかわらず、チーズのように濃厚な味わいになっています。

さらに、オイコスは2種類のタンパク質が含まれており、即効性と持続性の両方に作用します。

ダイエットのために筋トレや体づくりを頑張っているときには、このオイコスを間食として食べるのがおすすめです。

味も5種類と豊富にあるので、いろいろな味を食べてみるのも楽しいですよ。

 

塩と油を使っていない素焼きミックスナッツ

次にご紹介するコンビニおやつは「塩と油を使っていない素焼きミックスナッツ」です。

このミックスナッツの特徴は、ファミリーマートのオリジナル商品であること。4種類のナッツの配合がバランス良く、大ぶりで食べ応え抜群です。

ファミリーマートのミックスナッツはアーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツの4種類が入っています。ミックスナッツの定番ですね。

セブンイレブンとローソンも同じように素焼きのミックスナッツを売っているのですが、ファミリーマートはカシューナッツが多めに入っている印象です。

素焼きのミックスナッツなので、余計な塩分や脂質が含まれていない分ヘルシーです。塩味がついていない分、どのナッツもほんのり甘さが感じられます。

「ミックスナッツを買ったことないけど、体に良いから食べてみようかな」と思い始めたときにぴったりの1品と言えるでしょう。

 

ココナッツシュガーチョコレート

最後にご紹介するのは、ナチュラルローソンのココナッツシュガーチョコレートです。

ナチュラルローソンは体に良い食品を多数取りそろえています。今回おすすめするチョコレートももちろん健康的なおやつです。

ココナッツシュガーチョコレートは、ココナッツをチョコレートで包んでおり、チョコ部分は砂糖の代わりにココナッツシュガーで甘味をつけています。

カロリーは1袋で約148kcalです。砂糖をココナッツシュガーの代わりにするだけで、大分ヘルシーになります。

さらにココナッツには、食後の血糖値を下げる効果もあり、体に優しいですね。チョコはカカオ72%でポリフェノールたっぷり。

食べるとふんわりとした甘味にカカオとココナッツの香りが鼻を抜けていきます。

個人的には、甘いものが好きであればぜひ食べて欲しい1品です。

ロカボと言われている食べ物は物足りないイメージがありますが、このチョコはおいしくてヘルシーなので、間食を楽しみながらダイエットができますよ。

値段はローソン標準価格で208円(税込)。少々高級な感じもしますが、その分クオリティも高いです。良ければ試してみてくださいね。

 

 

まとめ

  • 体に良くて値段が安い間食としておすすめなのは、バナナ、ヨーグルト、するめ、チョコレート、ミックスナッツの5つ
  • バナナは安価で買うことができ、ビタミンや食物繊維などの栄養が豊富
  • ヨーグルトはコンビニやスーパーで比較的安いうえに、タンパク質が豊富で腸内環境を整えることができる
  • するめは、少量でもよく噛むことによって満腹感を得られる
  • チョコレートを間食にする場合は、カカオが70%以上のものを選ぶことと、食べすぎないことを意識するのがおすすめ
  • ナッツにはたくさんのビタミンが含まれており食物繊維も豊富で、硬くてよく噛むため少量でも満足しやすい
  • ナッツはカロリーが高いので食べすぎに注意するとよりダイエット効果が上がる可能性が!
  • コンビニで買えるおすすめのおやつは、ダノン「オイコス」、塩と油を使っていない素焼きミックスナッツ、ココナッツシュガーチョコレートの3つ

間食におすすめの安いおやつは、スーパーやコンビニなどでお手軽に買えることがわかりましたね。

コスパなどを考えると、少量でも満足しやすく値段も安いナッツなどは特に間食として取り入れやすいのではないでしょうか。

ぜひお近くのコンビニやスーパーなどに足を運んでみて、自分のお気に入りのおやつを見つけてみてください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました