気が利かないとはどういう意味?気が利く人になるためのコツは!!

雑学と心理

「あの人は気が利かないな…。」など、気が利かないという言葉は日常的に使う言葉ですよね。

マイナスなイメージがある言葉だと思いますが、具体的にどのような意味を指すのでしょうか。

「気が利かない」という意味は、「気づかいができず、他者に対してこまやかな配慮に欠けること」を指します。

対して、「気が利かない」の対義語である「気が利く」は、「相手やまわりの空気を先読みし、相手にとって喜ばしい言動をとること」という意味があります。

「気が利かないね。」と言われるより、「気が利くね!」と言われるほうが、断然嬉しいですよね!

気が利かない人と気が利く人、それぞれの特徴と理由も一緒にご紹介します。ぜひこの記事を参考にして「気が利くね!」と言われる人になりましょう♪

 

 


気が利かないとはどのような意味で使われるか?

「あの人は気が利かなくてイライラする…。」「あなたはどうして気が利かないの?」など、気が利かないという言葉は日常的に使われる言葉ですよね。

「気が利かない」とは、具体的にどのような意味で使われるのでしょうか。

「気が利かない」とは、「気づかいができず、他者に対してこまやかな配慮に欠ける」という意味で、主に自分ではなく他者に対して使います。

気づかいやこまやかな配慮に欠ける、とは具体的にどのような状況?

例えば、エレベーターに乗ろうとする人のことを待たずにドアを閉める、満員電車で足を広げて座る、大皿で食事をともにするとき、とりわけは全て人任せにする、など…。

こういった他者のことを考えていない行動は気が利かないと言えるでしょう。

なるべく気が利かない人にはなりたくないですよね。

「気が利かない」と同じ意味をもつ類語やその反対の意味である対義語について調べました。

気が利かない人と気が利く人それぞれの特徴などについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 


気が利かないの類語と対義語は?それぞれの特徴も

「気が利かない」の類語にあげられるものはいくつかあります。対して、「気が利かない」の対義語は「気が利く」です。

また、「気が利かない」の対義語である「気が利く」人の特徴についてもご紹介しますので、自分はどちらにより当てはまるのか考えてみてください。

「私は気が利かないかもしれない…。」と思った場合は、気が利かない人の特徴を反面教師にして、気が利く人を目指しましょう!

 

気が利かないの類語

気が利かないの類語には、思慮不足、気配りができない、考えが行き届かない、気が回らない、などがあげられます。

どの類語も気が利かないと同様、「気づかいができず、他者に対してこまやかな配慮に欠ける」という意味があります。

どれもマイナスなイメージで使われることが多い言葉ですね。

具体的にどのような人が気が利かない人なのか、気が利かない人の特徴について以下にまとめました。

気が利かない人の特徴

  • 言われたことしかやらない
  • 言われるまで気づかない
  • 他者を思いやる気持ちがない
  • 自己中心的である
  • まわりの空気が読めない
  • 分かっていても、知らぬふりをする

他者やまわりの空気が読めず、自分のことしか考えていない人が気が利かない人の特徴です。

仮に相手のために行動していたとしても、それが相手にとって都合の悪いものであれば、それは気の利いた行動とは言えませんよね。

他者の状況や心情を適切に見分けなければ、よかれと思ってとった行動も本末転倒です。

気が利かない人にならないためには、他者をよく観察し、本当に相手が喜ぶ言動を先読みできるよう、他者とのコミュニケーションに日頃から注意するといいかもしれません。

なかなか難しいかもしれませんが、気が利かない人の特徴を知れば、少なくとも避けられる可能性があるかもしれません。

 

「気が利かない」の対義語は「気が利く」

「気が利かない」の対義語は「気が利く」です。

「気が利かない」の対義語である「気が利く」の類語としては、融通が利く、機転が利くなどがあげられます。

気が利くとは、相手の気持ちを先読みし、相手のために自ら行動する、臨機応変に対応できること、細かいところまで注意が行き届くことを指します。

自分が気が利く人になっても、周りにいる人が気が利く人であっても、素敵な印象であることは一瞬で分かります!

具体的にはどのような人が気が利く人に当てはまるのか、気が利く人の特徴を知りましょう。

気が利く人の特徴

  • 他者をよく見ている
  • 話をきちんと聞く
  • 人がやらないことも自発的に動くことができる
  • すぐに感謝の気持ちを伝えることができる
  • 観察力や想像力がある
  • 思い込みが激しくない
  • 自分よりも他者を優先する

「自分よりも他人を優先する」と聞くと、大それたようなことのような気がしますが、小さなことでも気が利く行動はできます!

例えば、エレベーターを降りるときは最後まで開くボタンを押して最後に降りる、多くの荷物を抱えている人に声をかけて手伝う、ささいなことでも感謝の気持ちを伝える、など。

小さなことでも、気が利く人は他者の気持ちや状況を適切に捉え、行動に移すことができます。

私も他者の状況やその場の空気を読むことは苦手ですが、「なるべく気をつけよう!」と意識してみるだけでも、まわりの見え方が変わってきました。

できることから少しずつ、気が利く人を見習っていきたいですよね。

 

 

気が利かない人と気が利く人の具体的な違い

「気が利かない」と「気が利く」は主に自分ではなく、他者に対して使う言葉です。

気が利かないと言われる人と、気が利くと言われる人の違いは何か、気になりませんか?

気が利かない人と、気が利く人の違いは、まわりや相手の状況を適切に把握し、行動できるかどうかです。

一概に「気が利かない人はダメだ」と決めつけ、否定してしまうのはよくありません。

気が利かない人にも気が利かない理由があります。心に余裕がない場合や、元々注意力に欠ける場合など、気が利かないこと自体に悩んでいる人もいると思います。

なぜ気が利かないのでしょうか?

気が利かない理由

  • 言葉の真意をくみ取ることが苦手
  • 普段から注意力に欠ける
  • まわりの空気や状況を読み取ることが苦手
  • 自分のことで手詰まりである
  • つい人任せにしてしまう
  • 自分の言動に自信がない
  • 社交的でない

気が利かないことも、元々の性格や個性である場合があります。そんな自分や相手を否定せず、ありのままを受け入れることも大切です。

決して「気が利かないわねぇ」と言ってしまう側にならないようにしたいですね。

私もどちらかというと、気が利くタイプではないため、日頃から気が利かない人にならないよう、心がけて行動しています。

「この人、気が利くなあ…。」と思った人の言動を覚え、状況に合わせて真似していくとよいでしょう。実際に私はこの方法で、他者から「気が利くね!」と褒めてもらえました。

といってもこの方法はすべてに適応するわけではないので、その場の相手や状況に合わせて行動するのが1番大切です。

そのほか、気が利く人になるためのコツはなんでしょうか?

気が利く人は気が利かない人と違い、観察力、想像力、行動力に長けています。

例えば、他者やその場の状況を観察することができれば、「あの人の席はエアコンの風が当たりやすいから、このままだと寒くなってくるかも…。」などと、今後のことを想像できますよね。

想像することができると、「エアコンの温度や風量を変更する」、「ひざ掛けを渡す」、「寒くないか声かけを行う」といった行動ができるようになると思います。

このように、「相手が何を望んでいるか」考えて行動できることが気が利く人です。何か他者に対して言動するときは、まずは観察し、相手の立場になって物事を想像してみましょう。

 

 

まとめ

  • 気が利かないとは、気づかいができず、他者に対してこまやかな配慮に欠けるという意味を指す。
  • 気が利かないの類語には、思慮不足、気配りができない、行き届かないなどがあげられる。
  • 気が利かないの対義語は気が利くである。
  • 気が利かない人と気が利く人の大きな違いは、相手やまわりの状況を適切に把握し、行動できるかどうかである。
  • 気が利く人になるためには、観察力、想像力、行動力が大切である。
  • 気が利かない人は元々の性格や心の余裕のなさなどが関係している場合がある。

気が利かないとは、気づかいができず、他者に対してこまやかな配慮に欠けるという意味を指します。

対して、気が利くとは、相手やまわりの空気を先読みし、相手にとって喜ばしい行動をとるという意味を指します。

観察力、想像力、行動力に意識を向けて、気が利く人を目指しましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました