イヤーカフを片耳だけにつけると意味がある!?メンズについても解説

雑学と心理

イヤーカフはピアスと違い穴をあけることなく気軽につけられるので人気となり、色々なブランドから発売されていますね。

イヤーカフは片耳での販売が多く、購入すると右か左どちらの耳につけたらいいか悩みますよね。

左耳につけようか、右耳につけようか…そういえば片耳につけるとなにか意味があるのかな?

そんな疑問をお持ちのあなたのために、イヤーカフを片耳につけることで意味があるのか調べてみました。

イヤーカフを片耳だけにつけることには意味がありますが、時代や地域によって変わっていました!

今ではイヤーカフを片耳につけていてもネガティブな意味はほとんどなく、おしゃれを楽しむアイテムとしてとらえていることが分かりました。

イヤーカフを片耳につけるとどんな意味があるのか、メンズが気をつける点を解説していきます。

 

 


イヤーカフを片耳につける意味を時代ごとに解説

イヤーカフは多くの場合、片耳のみの販売ですよね。

イヤーカフは片耳につけるとなにか意味があるのか気になる!

イヤーカフを左右どちらの耳につけるのがいいのか、また片耳だけにつけるとどんな意味があるのか気になりませんか。

イヤーカフを片耳につけたときの意味にはさまざまあり、時代によってその意味が変わっていることが分かりました。

イヤーカフの歴史は古く、中世ヨーロッパの話までさかのぼります。中世ヨーロッパでうまれたイヤーカフを片耳につける意味は、今にまで引き継がれています。

1000年以上前の意味が引き継がれるなんて、すごいですよね!

イヤーカフを片耳だけにつけるとどんな意味があったのか、それはいつごろなのか解説します。

 

中世ヨーロッパ

中世ヨーロッパでの耳飾りの意味を知るために、その頃の生活を説明していきます。

中世のヨーロッパでは、女性崇拝(いわゆるレディーファースト)で、男性は女性の身を守ることが当たり前とされていたようです。

そのため、男性が女性と歩くときには必ず女性の右側を歩いて、なにかあったときに利き手の右手ですぐに女性を守れるようにしていました。

これが中世の騎士道です。(男前良すぎますね…。)

この騎士道から片耳につける耳飾りに意味がうまれました。

  • 男性が左耳につける…右側を歩く女性を守るものの証
  • 女性が右耳につける…左側を歩く男性に守られるものの証

男性が「勇気と誇りをかけて守る」と想いを伝え、女性はその想いにこたえると、ペアの耳飾りをそれぞれ片耳につけて、二人の関係を保証するという意味があったようです。

今でいうペアリングみたいな意味合いでしょうか、なんだかとてもロマンチックに感じてしまいます。

中世のヨーロッパでは片耳に耳飾りをつけるということに、特に大きな意味はなく、むしろロマンチックに使われていたようですね。

 

1980年代〜90年代

はじめに、私はLGBT+の方々に一切悪い感情は持ち合わせておらず、誰もが自分の性的嗜好・性自認を尊重され自分らしく生きることができる社会になることを願っています。

1980年代〜90年代は、今ほどセクシュアリティに自由がなくイヤーカフを左耳または右耳だけにつけると大きな意味を持っていました。

40年前にはイヤーカフを片耳につけるとどんな意味があったの?

イヤーカフを片耳につけたときの意味(1980年代〜1990年代)はこちらです。

右耳左耳
女性ストレートレズビアン
男性ゲイストレート

その当時の時代背景も大きく関係し、片耳にジュエリーをつけていることでセクシャルマイノリティを示すようになったようです。

今ほど自由がなかった時代なのかも…。

たとえば、1991年にはNYタイムズでもイヤーカフに限らず、「しばしば片耳にジュエリーをつけていると同性愛者だ」とのレポートが記載されていたほどです。

このことからも、共通の認識だったことがうかがえます。

中世ヨーロッパでの意味はお伝えしたとおり、男性は守るものの証として左耳に、女性は守られるものの証として右耳に耳飾りをつけていました。

この反対の右耳に男性がイヤーカフをつけるのならゲイ、女性も逆の左耳につけるとレズビアンだという風潮があったようです。

特に、右耳にジュエリーをつけた男性は「Left is right and right is wrong(左は正しくて、右は間違い)」という言葉もできてしまうほどでした。

それでも右耳にジュエリーをつけていた男性は、セクシュアリティの多様性が受け入れられず、イヤーカフをつけることで自己主張していたのかもしれませんね。

 

現代

それでは今は、イヤーカフを片耳につけたときにどういった意味があるのでしょうか。

現在は、1980年代〜90年代にいわれていたようなイヤーカフを片耳につけたときの意味はほとんどなくなっていました!

日本はもちろん、海外でも同じようにイヤーカフを片耳につけていても1980年代〜90年代にいわれていたような意味があると思わないという人が多くなっています。

これは嬉しいですね!せっかく買ったイヤーカフ、どちらかにしかつけられないなんてもったいないですもの。

実際に私もイヤーカフを片耳につけたら意味があるのかを気にしてつけたことがありませんでした。

しかし、海外ではいまだに「どちらの耳がゲイ?」という質問がQ&Aサイトに出ています。

一定数は片耳にイヤーカフをつける意味を気にしている人もいますし、1980年代〜90年代の意味が現在にも残ってきているのは事実です。

それを考えても、現在は1980年代〜90年代に持っていた意味をくつがえす反応がとても多かったです。

海外Q&Aサイトの反応

  • イヤーカフを片耳につけても今では同性愛者という意味はないし、好きな耳につけられるよ
  • あなたがイヤーカフをどちらの耳につけていても、誰も気にしません
  • イヤーカフだけでは同性愛者かストレートかは分からないよ

イヤーカフを片耳につけただけでセクシャルマイノリティを判断するという偏った見方は、とても少なくなっています。

イヤーカフをつける意味は、気持ちを高めるためにつけたり、おしゃれを楽しんだり、自分のためにつけるものというふうに変わっていました!

そして調べていると、海外ではあまり知られていない日本独自の意味があるようです。

おそらく中世ヨーロッパでうまれた意味を引き継いでいるのでしょうね。

右耳左耳
女性優しさと成人女性の証
男性勇気と誇りの象徴

ポジティブな意味なら大歓迎!

今はイヤーカフを片耳につけるとどんな意味があるのかとあまり不安に思わず、自分が心地よいと思う耳につけたらいいのですね。

 

イヤーカフをつけるときの注意点

時代や地域により、イヤーカフを片耳につける意味が異なっていることが分かりましたね。

もしかしたら1980年代〜90年代にいわれていたようなイヤーカフを片耳につけたときの意味が残っていることも否定できません。

また、日本のように独自の意味をもっているかもしれません。

イヤーカフを片耳につける意味を理解して、文化や価値観の違いに配慮し、尊重することが必要です。

旅行に出かけるときなどは、イヤーカフを片耳につける意味を頭の片隅にとどめておくことをおすすめします。

 

イヤーカフの素材とモチーフの意味

今はイヤーカフを片耳だけにつけても、深い意味はなくおしゃれアイテムとしてとらえられるとのことでした。

しかし、イヤーカフの素材やモチーフには意味がありました。

イヤーカフの素材別の意味を表にまとめました。

素材意味
ゴールド強い、明るい、リッチ
シルバー知性がある、冷静、繊細
パール愛のある、純粋、月の涙

確かにゴールドアクセサリーをつけた人は、ゴールドアクセサリーをつけていない人よりリッチで強い印象だなと感じますね。

また、冠婚葬祭の正式なジュエリーとしてパールがあります。

「月の涙」の意味を持つパールをイギリスの女王が首相の葬儀で着用していたことから、葬儀にパールを着用する習慣になったそうです。

モチーフひとつひとつにも意味があり、意味を知るとどれも取り入れたくなってきます。

ジュエリーのモチーフ別の意味

  • ハート…心、愛を象徴するモチーフで、恋愛成就・幸せな結婚といった意味があり、片想いや結婚を長続きさせたいときに身につけるといいとされています。
  • クロス(十字架)…十字の形は土・水・火・風の4元素を表天と地のエネルギーバランスを整える役割もあり、災いから身を守るという意味があるといわれています。
  • フラワー…花は「愛情」「美」「幸せ」を象徴し、女性らしさをアップされるといわれています。花の種類によっても異なる意味があります。
  • リボン…リボンの結び目の見た目どおり、人と人を結びつけ、絆・縁結びの意味を持ちます。
  • スター(星)…幸せや希望に導き、健康・富などの意味があります。
  • ムーン(月)…月は女性の象徴とされており、柔らかな月の光は知性を高め、心を穏やかにしてくれるといわれています。月は徐々に満ちていくことから成長や発展の意味があるといわれています。
  • クローバー…幸せに導いてくれる四葉のクローバー。4つの葉はそれぞれ意味があり、「愛」「健康」「富」「名声」この4つがそろうことで幸せの象徴といわれています。
  • アンカー(イカリ)…安定性や絆、困難に立ち向かう強さを意味しています。

意味を知っていると気分によって素材やモチーフを気にかけて、イヤーカフを選ぶ楽しさもありますね。

 

 


イヤーカフを片耳にメンズがつけるときに気をつける点

世界でもBTSなど著名なメンズミュージシャンやたくさんのファッショニスタも、こぞってピアスやイヤリング、イヤーカフを着用しています。

こういった状況もメンズジュエリーの着用数を増加させている要因となっています。

メンズが片耳にイヤーカフをつけるときに気をつける点はひとつ。それは、これまでにあった片耳にイヤーカフをつけたときの意味を知っておくことです。

メンズがイヤーカフを片耳につけると深い意味を持つ時代もありました。

イヤーカフを片耳につける意味をきちんと理解し、海外旅行へいくときなどは、イヤーカフを片耳だけにつけるのをやめるなどの配慮をしてもいいかもしれませんね。

しかし、メンズイヤーカフは「右耳につけたら同性愛者」という考え方よりも、「自由におしゃれを楽しむもの」という考え方のほうが、素敵ですよね。

イヤーカフをつけたいけど、意味が気になって迷っているあなた!あまり神経質にならず、メンズも好きな方の耳につけたらいいです。

イヤーカフを片耳につけたときの意味でもお伝えしましたが、今はメンズもどちらの耳につけても深い意味はないのです。

メンズのイヤーカフは、右につけても左につけても大丈夫!

いろいろな人や価値観があるということを前提に、イヤーカフを使っておしゃれを楽しみましょう!

 

 

イヤーカフを片耳または左右両耳につけるときのポイント

イヤーカフはひとつつけるだけで顔周りがパッと華やかになるので、アクセントになっておしゃれには欠かせないアイテムですよね。

アシンメトリーなデザインが楽しめていいけど、イヤーカフをつけるのは難しいな…。

ちょっと失敗すると、片耳だけにイヤーカフをつけているけど、ひとつなくしてしまった人になってしまいますね。

実は、イヤーカフを片耳または両耳につけるとき、おしゃれ見えさせるポイントはたったひとつ。

イヤーカフを片耳または左右の両耳につけるときは、全体のバランスをみて足し引きすること。

耳まわりはもちろん、髪型や服装などトータルのバランスがとれると、おしゃれ見えします!

たとえば、髪をまとめてすっきりさせ首周りが開いた洋服を選んだなら、ボリュームのあるイヤーカフを選ぶとメリハリが出て、バランスがとりやすいです。

私はイヤーカフを購入してから、耳もとのレイヤードにすっかりハマってしまいました。

イヤーカフを片耳だけつけるなら、手持ちのピアスやイヤリングなどと組み合わせてみるといいかもしれません。

イヤーカフを両耳につけるなら、シンプルなデザインのものを選ぶとバランスがとりやすいですよ。

今日はどんな組み合わせにしようかな♪と考えるだけで、ウキウキ度アップ間違いなしです。

イヤーカフビギナーさんは、耳の上部分やサイドにつけられる小ぶりのものから始めてみることをおすすめします。

とはいえ、自分の好きなイヤーカフを気分を高めてくれる付け方を楽しむことが一番大切です。

 

 

まとめ

  • イヤーカフを片耳につけて深い意味があったのは、昔のこと
  • 今はイヤーカフを片耳につけても深い意味はなく、おしゃれとして捉えられる
  • メンズがイヤーカフを片耳につけるときは意味を理解しておく
  • メンズもイヤーカフをつけるのは右耳でも左耳でも大丈夫!
  • いろいろな人や価値観があるということを理解し、尊重する必要がある
  • イヤーカフを片耳または両耳につけるなら全体のバランスが大事

イヤーカフを片耳につけて深い意味があったのは昔のことで、今はイヤーカフをおしゃれアイテムとして楽しめるようになっていました!

注意点さえおさえれば、イヤーカフを片耳につけたら意味があるのかという心配はもうしなくてよさそうです♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました