子供の半袖はいつから?気温の目安やパジャマや肌着を調査してみた!

子育て

子供の衣替えの時期で悩んだことはありませんか?とくに迷うのが、半袖にする時期です。

いつから半袖に衣替えしようか悩みますよね。大人が肌寒いと感じているときでも、新陳代謝が高い子供は、遊んでいるとすぐに頭や背中などに汗をかいて暑がります。

厚着の場合、汗の量も多くなります。その汗によって服が冷えて風邪を引く可能性も高くなります。

保育園の服装いつから半袖にしていいのか悩みます。

子供の半袖はいつからすべきか?の結論ですが、「気温」で判断するといいでしょう。

とても簡単に判断できて、服装に悩まなくなりますよ。

実際に9か月と4歳の子供の服装を、気温で決めることで、簡単に服装が決められるようになりました。

今回、いつから半袖に衣替えするのか調査しました。衣替えの悩みを無くしましょう。

 

 


子供服の半袖はいつから?気温の目安を調査!

いつから子供服を半袖にしたらいいのか悩みますよね。

大人と子供の体感温度も違うので判断が難しいと思います。

とくに、親の目が行き届かない保育園や幼稚園などの服装は悩んだところで分からない…。

寒くても自分から上着を着てくれない子供は、服装の判断を間違えるだけですぐ風邪を引いてしまいます。

でも、忙しい朝に服装のことで悩む時間なんてありませんよね。すぐ服装の判断できる方法があるのです。

子供の半袖長袖の判断を、気温と天気で決める方法です。

地域にもよりますが一般的にゴールデンウイークを目安に衣替えをしているご家庭が多いのではないでしょうか。

ゴールデンウイーク明けでも寒かったり暑かったりとバラバラですよね。

時期で衣替えを決めると寒い思いをしてしまいがちですが、簡単に服装を決めることのできるやり方がありますので伝授します!

まずは分かりやすくまとめてみました。思った以上に簡単ではないでしょうか?

服装の決め方

  • 気温25℃を目安に半袖にする
  • 雨の日など体感温度が寒くなる場合は薄いロンTシャツや上着が必要
  • 最高気温25℃のときは、朝晩の気温の変化に注意が必要
  • 平均気温25℃だと1日同じ服装でOK

長袖と半袖の境界線の気温は、だいたい25℃と言われています。

25℃だからと言って、「今日は半袖にしよう」の判断ではよくないです。

25℃でも、晴れや、雨でも変わりますし、最高気温が25℃なのか、平均気温が、25℃なのかでも変わります。

最高気温というのは、その日一番の気温であって、朝、夕方などは、気温が急激に下がることもあります。

平均気温というのは、一日の平均気温になるので、25℃から急激に気温が下がることはありません。

例えば、晴れの日の、平均気温が25℃だと半袖でも寒くないでしょう。

晴れの日の最高気温が25℃だと、朝、夕方は、寒いので、薄手の長袖か上着を一枚用意するなどしましょう。

雨の日は、晴れの日と違って平均気温25℃であっても体感温度は、寒く感じるかもしれないので薄手の上着を一枚持っているといいでしょう。

毎朝、天気予報をチェックして、25℃を境目に、半袖か長袖かを決めましょう。

あなたが通わせている幼稚園や保育園は、衣替えの決まりはありますか?私が行かせている九州地方の幼稚園では、4月の半ばに衣替えがありました。

半袖、半ズボンは寒くないかと疑問に思いましたが、半袖の制服の下に、薄手のロングTシャツを着せていました。

下着も含めて、3枚着ていることになりその上から遊び着を着ると4枚着ていることになります。

4月とはいえ、動く子供に4枚も着せていたら暑いですよね。

4月の普段着は、下着とトレーナーか薄手のロングTシャツ2枚なのでとくに悩みました。でも気温で服装を判断する方法で簡単に服装の悩みを解決することができました。

保育園や幼稚園の場合は、寒い日は、上着ではなくて薄いロングTシャツを一枚着させていく方が安心です。(寒くても勝手に上着を脱ぐ可能性があるため)

お出かけのときは、親が判断できるので、上着を持って行きましょう。

自転車で送り迎えをする場合は、風を受けて寒い可能性もあるので薄手の上着などを着せるといいでしょう。

いつから半袖?と悩んでいたので簡単に判断ができて便利です。

最高気温と平均気温を気にすれば服装を決めやすい。

気温25℃を基準にすると、毎年いつから半袖?などと考えなくても、とても簡単に服装の判断ができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

 

 


子供の半袖肌着は必要!?肌着の種類や実態とは

子供の半袖肌着は、いつから着せていますか?家庭によって肌着の着せかたは、変わると思います。

保育園や幼稚園など行かせるときに、周りは肌着どうしているのだろう?と気になりますよね。そんな肌着事情を調査しました。

子供の半袖肌着は、4月から着せています。

子供の肌着は年中半袖です。

気温が温かくなると肌着は、着せていません。

孫が泊まりにきたときに肌着は、何を着せればいいのかわからない。

肌着の着せ方ひとつでいろいろな意見がありますね。

結論として、肌着は大切な役割があるため、肌着を着ることは必要になります。

しかし、「暑いときは、Tシャツ一枚だけでもいいでしょ。」と思ってしまうことはありませんか?肌着の必要性について調べてみました。

肌着の必要性

  1. 肌着は汗を吸収して、ムレなどによる不快感を減らしてくれる
    肌着を着ることで快適な状態を維持できます。
  2. ニオイ予防と肌を清潔にしてくれる
    肌着は、皮脂や汗などを吸着してくれる役割があります。毎日、洗濯されている肌着に着替えることによって肌が清潔に保たれます。また、肌に直接衣服が触れないので汗のニオイや皮脂汚れによる黄ばみ予防になります。
  3. 衣服からの肌トラブルが軽減される
    敏感肌の場合、衣服の繊維や衣服のタグなどでチクチクするなどの肌トラブルが起きます。肌着を着ることで、肌を守ることができます。

真夏などの暑い時期には、肌着なしのTシャツ一枚だけ着せることもありますよね。

涼しそうなのですが、綿100%のTシャツでも、イラストやロゴなどがプリントされている場合は、プリント部分については通気性が悪く汗も吸収しにくいのです。

背中にあるロゴなどがある場合に、リュックやランドセルなどを背負うことで、背中に汗がこもってしまい、不快感が増してしまいます。

よく汗でロゴ部分が肌にくっついてしまうことありますよね。

肌着を着ることで肌への不快感が軽減され、気持ちよく過ごすことができるので肌着を着ることをおすすめします。

しかし、いつから半袖の肌着でも寒くないのか気になりますよね。いつからと悩む場合は、上記のように気温で決めるといいでしょう。

衣服と一緒で肌着の着せ方ひとつで汗から身体が冷えることを軽減されますよ。

風の強い日や雨の日などのときは体感温度で寒い場合があるので、着せる肌着を選ぶことが大切です。

 

肌着を半袖にする目安

肌着を半袖にする目安

  • 長袖の肌着は、3月頃までが目安
  • 半袖の肌着は、4月から5月から半袖にする目安
  • ノースリーブやメッシュの肌着は、気温が25℃以上のときが目安

肌着は、半袖にする時期などを衣服と違ってあまり考える必要がありません。

「少し暑くなったかな?半袖にしよう!」の感覚で大丈夫なのです。※子供は汗をかきやすいので冬の肌着の調節には注意が必要です。

 

肌着の種類

肌着の種類

  • 長袖
  • 5分丈
  • 7分丈
  • 9分丈
  • 半袖
  • タンクトップ
  • ランニングシャツ(男の子)
  • キャミソール(女の子)

子供用肌着の種類は、たくさんあります。衣服が長袖のときは、5分丈から7分丈が手を洗う時、腕に衣服を巻繰り上げやすいです。

首元のUラインやVラインなども選べますよ。首元が広いと1人でお着換えするときに着やすいのでおすすめです。

 

肌着の機能性

肌着の機能性

  • 冬の肌着は、裏起毛・保湿・発熱・抗菌・吸汗速乾・静電気防止
  • 夏の肌着は、メッシュ・速乾性・通気性・接触霊感・抗菌防臭・吸湿放湿・消臭機能

肌着の、とくに重要な機能は、速乾性です。子供は、年中走り回って動いて汗をかくので、すぐに乾いてくれる機能は大切です。

肌着を着ることで、汗の気持ち悪さだったり、消臭効果だったり、ムレやあせもなどの肌トラブルから肌を守ってくれます。

ムレやあせもなどになってしまうと、子供は我慢ができないため、すぐかきむしってしまいます。治るものもなかなか治りませんよね。

お肌のトラブルを避けるためにも、肌着は必ず着せることが大切になります。

肌着の機能は、年々進化してきてます。季節にあった、肌に優しい子供用肌着を見つけましょう。

 

 

子供用半袖パジャマのおすすめは?長袖も調査!

長袖のパジャマを長く着せる場合もありますが、真夏になると半袖のパジャマが必要になってきます。

涼しく快適に睡眠できて、お腹が冷えないようにするパジャマがいいですよね。

子供は汗かきで体温調節機能が未熟なのです。寝るときは、パジャマで体温調節しないといけないのでパジャマ選びは大切になります。

子供用の半袖パジャマ、長袖パジャマは、種類も豊富で、どれがいいのか迷いがちではありませんか。

今回、子供用のパジャマについて、その種類や選び方についてご紹介します。

パジャマ選びのポイント

  • 吸水性・通気性・速乾性
  • 綿100%や綿比率の高いもの
  • お腹のでない丈のもの
  • ノースリーブは避ける

パジャマの素材が綿100%だと肌にも優しくて、汗を吸収して外に発散してくれるのでとても素材としていいです。

ノースリーブの場合は、真夏など涼しそうでいいと思われがちですが、肩や脇から身体が冷えやすくなります。

風邪を引く原因にもなるので避けましょう。夏のパジャマは、7分丈から半袖がおすすめです。

子供用の甚平もパジャマに最適です。甚平は、お腹も冷えにくい作りになっているので、夏のパジャマにおすすめです。

子供の好きなキャラクターの甚平もありますので、チェックしてみてください。

冬のパジャマは、7分丈から長袖の綿やパイル生地のものを選びましょう。

よく冬は寒いからという理由で子供に厚着をさせてしまいますよね。

あまりモコモコしたパジャマなどは、通気性や吸汗速乾性の機能が軽減されるので気をつけましょう。

寒い時は、布団とパジャマを合わせた温度調節を考えましょう。

布団も温かくて、パジャマも温かいと寝汗をかいて体が冷える原因にもなりますので注意が必要です。

 

 

まとめ

  • 子供服はいつから半袖?の悩みは気温25℃を目安に解決できる
  • 子供の肌着は、機能性が大切
  • 子供は体温調節が未熟なので注意が必要
  • 子供のパジャマは、冷えないようにすることが重要
  • 夏パジャマは、ノースリーブは冷える原因なので避ける
  • 冬パジャマは、モコモコすぎるのは寝汗の原因になるので気をつける

毎年いつから半袖?と悩みますよね。いつから?と考えるのではなく気温25℃を目安に半袖にすると決めることで簡単に悩み解決できますよ。

ぜひ子供服を半袖にするときの判断の参考にしてみてはいかがですか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました