吉報!洗濯ネットの代用にtシャツが使える!デリケートな衣類もOK!

暮らし

え、まさか…。洗濯ネットが無い、足りない!そんな非常事態に気づくのはたいてい、洗濯したいときですよね。

洗濯ネットの代用としてtシャツが使えます。わざわざネットを買いに行かなくても、家にある着古したtシャツで大丈夫です。

tシャツを代用すれば、デリケートなニットやフリースも洗うことができます。

ただし大事にしたい衣類だからこそ、気をつけて頂きたいことがあります。

tシャツを代用する際の注意点や、デリケートな衣類を洗う方法などについて詳しくまとめました。

口コミをみると、洗濯ネットを使用せずに洗う方法もあるのだとか!

布団を洗濯ネットなしで洗う裏技についても紹介していますので、よければ読んでみてくださいね。

 

 


洗濯ネットの代用に使えるアイテムはコレだ!

洗濯ネットの代用に使えるアイテムをご紹介します。

ニットやフリース、えりつきのシャツといったデリケートな衣類の洗濯には、洗濯ネットが欠かせないですよね。

しかしときには「洗濯ネットが足りない!」なんて非常事態も…!ご家族が多い場合はなおさらだと思います。

洗濯ネットの代用に使えるアイテムは、以下二つです。

洗濯ネットの代用に使えるアイテム

  • tシャツ
  • ストッキング

ちなみに口コミでは、こんな意見もありました。

なんと、洗濯ネットなしで洗える方法もあるようです。

フリースを洗いたいんだけど、洗濯ネットがなくて困っています。

ソフト洗いにすれば、洗濯機の回転がやさしくなるのでネットがなくても型崩れせずに洗えます。

フリースを裏返しにして洗濯機の手洗いボタンを選択。1枚のみで洗えば問題なし!

しかし、洗濯ネットに入れずにデリケートな衣類を洗うのは少し勇気がいりますよね。

大事な衣類だからこそ失敗せずに洗いたい!そんなあなたには、tシャツに入れて洗う方法をおすすめします。

ストッキングを洗濯ネット代わりにする方法もありますが、フリースやニットなど大事な衣類にはあまりおすすめできません。

ストッキングはストッキングで守るのがGOODです。ストッキングの破れや絡まりの防止として、ストッキングを利用するのです。

大事なストッキングを洗濯ネット代わりとなるストッキングの中に入れ、口をしばって洗濯します。

よほど太い伝線が入っていなければ、古いストッキングやタイツでも代用することができます。

次の項目ではいよいよ、デリケートな衣類をtシャツに入れて洗う方法について詳しくお伝えします。

 

 


洗濯ネットの代用になんとtシャツが使える!

なんとtシャツが、洗濯ネットの代用として使えます。

ちょうどよかった!tシャツならうちにあるわ♪いますぐ洗いたくて困っていたの。

 

tシャツに入れて洗う方法

大事な衣類をtシャツに入れて洗う方法は、以下になります。デリケートな衣類に限らず、大切な衣類はtシャツを代用して洗いましょう。

tシャツに入れて洗う方法

用意するもの

  • 色落ちしないtシャツ

手順

  1. 衣類に洗濯禁止マークがないことを確認
  2. ボタンやファスナーがある衣類はとめる
  3. 衣類を裏返しにしてたたむ
  4. tシャツの奥に衣類を入れる
  5. tシャツのえりやそでを内側に折りたたむ

あとは、洗濯表示にしたがって洗濯機で洗うだけです。

手順1の「洗濯禁止マーク」が分からない場合は、次の項目「洗濯禁止マークの見分け方」を確認して頂ければOKです。

衣類を裏返しにして入れるのは洗濯による生地への負担を軽減するため、たたんで入れるのは洗濯によるしわがつくのを防ぐためです。

でも、tシャツのえりやそでを内側に折りたたむくらいで大丈夫?洗濯中に衣類が中から出てしまわない?

大丈夫です。きちんと中におさまった状態で洗うことができます。

色落ちしないtシャツを使うのは、tシャツの色移りを防ぐためです。長年愛用している古いtシャツや、白いtシャツがおすすめです。

 

洗濯禁止マークの見分け方

tシャツを代用すれば洗濯ネットと同様、型崩れや衣類のすれを防いで洗濯することができます。

ただし、普段洗濯するときと同じように、洗う前には必ず洗濯表示を確認してください。

洗濯禁止のマークが表示されている場合は、専門店にお任せしましょう。

でも洗濯表示っていまいち分からないわ。どんなマークだと家で洗ってはいけないの?

お手持ちの衣類が洗濯禁止かどうかは、洗濯表示のタグで確認できます。

上記写真の黄色で囲まれたマークのように、水がはられた容器に×印がついているマークがあれば、それは「家庭での洗濯禁止」を表しています。

対象となる衣類の洗濯表示タグを確認し、上記マークが表示されていれば、専門店にお任せしましょう。

でもこれって水洗い不可のマークでしょ?ドライコースがあるうちの洗濯機なら洗っても大丈夫なんじゃない?

確かに上記マークは、「水洗い不可」を表しています。

しかし、ご家庭用の洗濯機はドライコースでも水を使用しています。

手洗いコースやソフトコース、おしゃれ着洗いコースも、水を使用しています。

ドライコースとはあくまでも手洗いのように優しく洗濯することを表しており、「水を使わないで洗う」という意味ではありません。

ドライコースは、ドライクリーニングとは別物なのです。

家での洗濯は基本、水を使います。そのため、上記写真の黄色で囲んだ水洗い不可のマークが表示されている場合は、ご家庭の洗濯機で洗うのは避けたほうが良いでしょう。

洗濯禁止マークの衣類をご家庭で洗濯すると衣類が縮んで色落ちしたり、毛羽立ちやシワ、毛玉ができたり、型崩れなどを引き起こしたりする可能性があります。

洗濯ネット及びtシャツに入れて洗う前に、洗濯表示を必ず確認しましょう。

 

洗濯ネット(tシャツ)のメリット

そもそも洗濯ネットを使用するとどんなメリットがあるの?

洗濯ネットには、衣類を保護してくれるメリットがあります。

洗濯ネットのメリットは下記になります。tシャツに入れた場合も同様です。

洗濯ネットのメリット

  • 摩擦を減らしてデリケートな衣類を守る
  • ホコリや糸くずの汚れがつくのを防ぐ
  • ボタンや刺繍がとれるのを防ぐ
  • 他の衣類と絡まり生地が伸びるのを防ぐ
  • 型崩れするのを防ぐ

 

洗濯ネット(tシャツ)のデメリット

衣類の保護には一役買ってくれる洗濯ネットですが、洗濯ネットを利用すると汚れが落ちにくくなるというデメリットもあります。

ネットに入れると洗濯機の回転による摩擦が減るため、洗浄力が下がってしまうのです。

できるだけ汚れを落とすには、汚れが気になる部分にあらかじめ直接洗剤を塗り、塗った部分を外側にして入れると良いでしょう。

また洗濯ネット及びtシャツは、ちょうど良いサイズのものを選びましょう。

ちょうど良いサイズとは、洗濯ネット(tシャツ)の7割におさまる程度です。

詰め込みすぎると汚れの落ちが悪くなりますし、余裕がありすぎるとネットの中で衣類が動きシワになりやすくなります。入れる量には注意しましょう。

 

洗濯ネット(tシャツ)に入れるべき衣類

洗濯ネットに入れて洗った方がいいのは、どんな衣類かしら?

基本的には大事にしたい衣類を入れるのが正解です。

洗濯ネットのメリット上、下記衣類は入れた方が良いでしょう。tシャツに入れる場合も同様です。

洗濯ネットに入れて洗うと良い衣類

  • 毛玉や毛羽立ちが気になるニットやフリース
  • シワになりやすいシャツ類
  • 生地が薄い衣類
  • ブラジャーや飾りがついた衣類
  • 他のものと絡まって伝染しやすいストッキングやタイツ類

 

洗濯ネット(tシャツ)以外の対策

ニットの縮みやフリースの毛玉を抑えるためには、洗濯ネット(tシャツ)の使用だけではなく、その他の対策も必要です。

ニットの縮みやフリースの毛玉を防ぐためには、洗濯機の標準コースではなく、おしゃれ着コースや手洗いコース、ドライコースで優しく洗う必要があります。

また、洗剤にもこだわって、おしゃれ着用中性洗剤を使いましょう。

洗浄力はやや劣りますが、型崩れや色あせを防いでくれます。

しかしおしゃれ着用洗剤も種類によっては、絹やレーヨンなどの素材を洗濯できない場合があります。

使用する前には必ず、洗剤裏面に記載されている洗濯可能な生地をチェックしましょう。

また、洗濯禁止マークが表示されている衣類については、専門店にお任せすることをおすすめします。

 

 

洗濯ネットがないときに布団を代用品もなしで洗う方法

家で布団を洗いたいんだけど洗濯ネットって必要?持ってないんだけど…。何か代用になるものはある?

できることなら洗濯ネットを使用することをおすすめします。しかしない場合は、あるやり方で代用できます。

洗濯ネットがない場合は、布団をくるくる丸めて紐でしばって洗えばOKです。

布団サイズの代用品を探すのはとても骨のいる作業ですね。

布団はクリーニングに出すものだと思っていたので、わざわざ洗濯ネットを買わずに家で洗えるのは嬉しいです。

以下に、洗濯ネットなしで布団を洗う方法をご紹介します。

洗濯ネットなしで布団を洗う方法

用意するもの

  • ビニール紐(または麻紐)
  • おしゃれ着用液体洗剤

手順

  1. 布団に洗濯禁止マークがないことを確認
  2. 洗濯機の大きさと布団のサイズを確認
  3. 洗濯槽に水をためておしゃれ着用液体洗剤をとかしておく
  4. 布団をくるくる丸めて(すまきにして)紐でしばる
  5. 洗濯表示にしたがって洗濯機で洗う

手順1の「洗濯禁止マーク」が分からない場合は、上記項目「洗濯禁止マークの見分け方」を確認しましょう。

自宅で布団を洗うときは、洗濯機のサイズと布団のサイズを確認してください。

無理に詰めて洗ってしまうと、洗濯機の故障や布団の傷みに繋がります。

シングルサイズの布団であれば5kgまで、ダブルサイズなど大きめのものは7kg以上の洗濯機で洗うことが目安です。

ただし、ドラム式タイプは洗えない場合があります!洗う前に洗濯可能かどうか確認しましょう。

どうして洗濯槽に洗剤を溶かしておく必要があるの?普段通りに洗えばいいじゃない。

普段通り洗濯機を回すこともできますが、あらかじめ洗剤を溶かしておくことで、洗剤がムラにならず布団全体をきれいに洗えます。

洗剤は液体タイプをおすすめします。おしゃれ着用の液体洗剤がより良いです。

おしゃれ着用洗剤には、色あせや型崩れ、毛玉防止効果のあるものや、縮みのリスクを軽減できるものなどがあり、洗濯による布団の傷みを防いでくれます。

液体タイプであれば洗剤の溶け残りによるムラを防いでくれるので、全体をよりきれいに洗うこともできます。

布団を買い換える頻度はそう多くはないと思いますので、大事に洗って長く愛用したいですね。

布団をくるくる丸めて紐でしばるっていうけど、それで中までちゃんと洗えるの?

これは洗濯のプロが行っている裏技です!しかしメリットとデメリットがあります。

布団をくるくる丸めて紐でしばると布団の生地が破れにくく、中綿がかたよるのを防いでくれるメリットがあります。

しかしながらおっしゃる通り洗濯中の摩擦が抑えられてしまう分、布団表面の汚れは落ちにくいというデメリットもあります。

それでも中綿がかたよってしまうと元に戻すのは難しいですから、やはりここはすまきにして洗うことをおすすめします。

気になるようであれば洗濯ごとに、布団の表と裏を変えて巻くといいかもしれませんね。

洗濯機のコースは布団コース、毛布コース、大物コースなどあります。専用のコースで洗いましょう。

 

 

まとめ

  • 洗濯ネットの代用にtシャツがおすすめ
  • 色移り防止のために色落ちしないtシャツを代用することが重要
  • 洗濯禁止マーク表示の衣類は専門店へお任せすること
  • 洗濯ネット(tシャツ)に入れる以外に、洗いのコースや洗剤の選択でデリケートな衣類を守ることが可能
  • 布団は洗濯ネットの代わりにくるくる丸めて紐でしばって洗えばOK
  • 布団はおしゃれ着用液体洗剤がムラなく洗えておすすめ

洗濯ネットの代用にtシャツが使えるのは便利ですね。

布団も洗濯ネットなしで洗えるのであれば、クリーニング代が節約できてお得です♪ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました