フローリングのワックスは剥げたら塗り直そう!自分でやる方法も紹介

暮らし

床がフローリングの家に住んでいると、ワックスが剥げたり剥がれそうになったりという経験はありませんか?

私も普段気を付けていますが、毎日の動作で知らず知らずのうちに一部剥げた経験があります。

せっかくフローリングにきれいに塗ってあるワックスが剥げたのを見つけてしまったときは、本当にショックでした。

よく動かす椅子の下や、歩くことが多い場所は剥がれやすいと言いますが、剥げたときはどう対処したらよいか悩みますよね。

基本的には、フローリングのワックスが剥げたところは放置せず、塗り直した方がよいです。

ワックスにはいろいろとよい効果があるので、塗り直すメリットを見ていきましょう。

また、塗り直しは業者に頼むか、自分で行うかの二択になるので、それぞれの方法も紹介していきます。

 

 


フローリングワックスが剥げたら?塗り直すメリットは

フローリングのワックスは短いもので半年から1年ほどが寿命と言われています。

フローリングワックスが剥げたのを見つけたら、放置しない方がよいです。ワックスには、フローリングを傷から守ったり、掃除を楽にしてくれたりする効果があるためです。

具体的にどんな役割を果たしてくれているのか、その内容を紹介していきます。

 

フローリングワックスのメリット

  • フローリングの保護
  • 掃除が楽になる
  • 部屋が明るくなる

フローリングは木材でできており、そのままだと家具の移動や物を落としたとき、人が歩いたときの摩擦などで傷つきやすくなっています。

ワックスを塗ることで木材の表面に薄く膜ができるため、本体に直接傷がつくのを防いでくれるのです。

水やジュースなどをこぼしてしまうと、木材に吸収され変色などの原因にもなりますが、ワックスがそこもカバーしてくれます。

また、その膜がフローリングの表面をならしてくれることで、掃除もしやすくなります。

フローリングの表面は木のでこぼこがそのまま残っており、ほこりやごみなどが隙間に入ってしまうとなかなか細かいところまで掃除しきれません。

さらに、ワックスを塗り直すことで床に光沢が出るため、部屋全体が明るく見えるという効果もあります。

こんなにたくさんメリットがあるなら、多少面倒でも剥げたのは放置しない方がよさそうですね。

では、ワックスが剥げた場所はどんな状態になるのでしょうか?

 

ワックスが剥げたサイン

  • フローリングの黒ずみ
  • 変色している
  • こするとボロボロ剥がれる

目に見えないほど小さなほこりやごみが溜まってくると、その部分が黒ずんできます。

ごみが溜まるということはワックスが本来の効果を発揮できていないということなので、黒ずみは劣化のサインになります。

また、フローリングに変色している部分があれば、そこもワックスが剥げた可能性が高いと言えます。

そういうところは、触るとべたつくことや、ときにはボロボロとワックスが剥がれることもあります。

見つけたら、ワックスの塗り直しをした方がよいでしょう。

 

賃貸の場合は注意!

賃貸物件の場合は、勝手にワックスを塗り直してしまうと原状復帰の規約に引っかかる可能性があります。

ワックスが剥げたところを見つけたら、まずは大家さんや管理会社に相談しましょう。

運が良ければ費用を負担してもらえる可能性もあります。

では、フローリングにワックスを塗り直すには、どのような方法があるのでしょうか?

 

 


フローリングワックスの塗り直しは業者に頼むと安心!

フローリングワックスを塗り直すなら、業者に頼むのがおすすめです!

業者に頼むとお金はかかりますが、その分きれいにミスなく仕上げてくれます。

業者に依頼することで、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

業者に頼むメリット

業者に依頼するメリットは、何よりもきれいにワックスがけをしてもらえるというところにあります。

フローリングにすでに塗られているワックスが劣化していた場合、剥離剤で今のワックスを剥がしてから新しく塗り直すことが多いです。

ただフローリングは水分に弱いため、剥離剤を塗ったあとにふき取る素早さが重要になります。

もしここで失敗して、ワックスを塗り直す過程でフローリングが傷んでしまったら元も子もないですよね。

そこをプロに頼めば、失敗する確率はかなり低くなるでしょう。

もちろん、ワックスを塗る前の掃除も徹底的に行うのでごみが残る可能性も少なくなりますし、ムラなく仕上げてくれます。

では、実際に業者に頼むときはどのように選べばよいのでしょうか。

 

業者の選び方

業者に依頼する場合、フローリングのワックスのみを専門にしているところは少ないため、クリーニング業者に頼むことが多いです。

扱っている業者は地域によって変わってくるので、お住まいの地域のクリーニング業者で見積もりをいくつかとるとよいでしょう。

値段は大体10坪以下で8,000円~15,000円ほどのところが多いですが、ワックスを剥がす作業も加えるとプラスで10,000円~15,000円かかってきます。

ただし、あまりに値段が安いところは、賠償保険や薬剤などに問題がある可能性があるので注意が必要です。

 

 

フローリングのワックスを自分で塗り直す方法!!

業者に頼むお金がもったいない、という場合は自分でフローリングにワックスを塗る方法もあります。

失敗するリスクはありますが、かかるのは材料費のみのため、お金がないときは自分で行うのもよいでしょう。

基本的な作業は、掃除をしたあとに劣化したワックスを剥がし、新しくワックスを塗り直すという形になります。

では、自分で行う際の用意するものや手順を説明していきます。

 

用意するもの

  • ワックス剥離剤
  • 剥離用のヘラ
  • ゴム手袋
  • マスキングテープ
  • ワックスシート又はモップ
  • ワックス剤
  • フローリングワイパー

ワックスシート又はモップに関しては、使い捨てか再利用可能かの差がありますので、希望に合わせて購入しましょう。

ワックスシートはワックス剤がすでに含まれているものもあるので、その場合ワックス剤は不要です。

ゴム手袋は手の保護のために必ずつけるようにしましょう。

 

事前準備

ワックスをかける場所にあるものはあらかじめ移動しておきます。

また、掃除機やお掃除シートなどでごみを取り除き、水拭きをしてフローリングの掃除を済ませておきましょう。

ワックスを廊下と部屋などで区切って塗る場合は、マスキングテープを境界のところに貼っておくことで、ムラになりにくくできます。

 

手順①ワックス剥がし

  1. ゴム手袋をする
  2. 剥離剤をフローリング全体に塗る
  3. ヘラで溶けたワックスを剥がす
  4. 残ったワックスを布などでふき取る

ワックスの剥離は薬剤に触れることが多いため、手荒れ防止のためにゴム手袋をつけましょう。

剥離剤は商品の使用説明に従い、水で薄めるものは準備しておきます。

最初に全てを準備することで、途中から慌てなくて済みます。これがかなり大事ですね。

まずは剥離剤を床に塗り、ワックスが溶けてきたらヘラを使って慎重に剥がします。

力を入れ過ぎてしまうと床を傷付けてしまうので注意しつつ、残ったワックスは雑巾など布でふき取ります。

床全体をきれいに剥がしきるととても気持ちいいので、手間はかかりますが頑張りましょう。

最後によく乾燥させればワックス剥がしの作業は完了です。

いよいよ、メインであるワックスがけに入ります。

 

手順②ワックスがけ

  1. ワックス用のシート又はモップをフローリングワイパーにセットする
  2. ワックス剤を利用手順に沿ってしっかりしみこませる
  3. 部屋の奥からムラなく塗っていく
  4. しっかり部屋全体を乾燥させる

ワックス剤を少しずつ床に垂らし、奥から丁寧にモップで伸ばしていきます。

この作業が、全手順の中で一番緊張するかもしれません。

ムラにならないように注意しながら、足りなくなったらその都度ワックス剤を足しましょう。

出口に向かって全体にジグザグに進んでいくとわかりやすいです。

最後にマスキングテープが張ってある場合は、はみ出さないようにテープの上まで塗ってしまって大丈夫です。

部屋全体に塗り終わったら、ワックスがしっかり乾くまで部屋に入らないようにします。

なお、モップを使用した場合は次回のために早めに水洗いでワックス剤を落としておきましょう。

これで、自分で行うワックスがけは全て完了です。

こうして手順を見てみると、自分でのワックスがけもできそうな気がしてきませんか?

 

2度塗りをすると効果アップ

ワックスは重ね塗りをすることで効果を高めることができます。

効果を高めたい場合は、同じ手順でもう一度上からワックスがけをするとよいでしょう。

ただし、1回目のワックスが乾ききる前に塗ってしまうと、最初のワックスが剥がれてしまう可能性があります。

作業を行うのはできれば翌日以降にするのが安心です。

 

注意点

作業を行う際は、髪の毛が落ちないようにタオルやバンダナなどでしっかりとまとめておきましょう。

また、ズボンのすそなども床につかないようにまくっておくほうが安心です。

せっかくきれいに掃除したのにごみや髪の毛が落ちてしまってはもったいないですからね。

 

 

まとめ

  • フローリングのワックスが剥げたら塗り直しを行う
  • ワックスにはフローリングを保護したり、掃除をしやすくしたりする効果がある
  • 賃貸でフローリングワックスが剥げた場合は、勝手に塗り直さず大家さんや管理会社に相談する
  • フローリングワックスの塗り直しは業者に依頼するのがおすすめ
  • お金を節約したい場合は自分で塗り直す方法もある

これでフローリングワックスの重要性と剥げたときの対処法がわかりましたね。

フローリングのワックスがきれいに塗られている部屋にいると、気持ちも明るくなる気がしませんか?

剥げないよう気を付けていても、知らぬ間に剥がれてしまうこともあるので、たまにフローリングの状態を確認するとよいですね。

私もフローリングを長持ちさせるために、ときどき塗り直していこうと思います。

あなたも、ワックスが剥げたのを見つけたら放置せず、塗り直していきましょうね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました