靴下の干し方を徹底攻略!靴下を長持ちさせて早く乾かすコツとは?

暮らし

靴下の干し方のコツを掴むだけで毎日の生活がちょっぴり良くなるとしたら、ぜひともその方法を知りたいと思いませんか?

靴下といえば、私は普段の生活のなかで頭に浮かぶお悩みエピソードがいくつかあります。

購入したばかりの靴下がすぐにヨレヨレになったり、靴下の片方が知らぬ間に引き出しの中で行方不明になったり。

雨続きのときは、少しでも早く乾いてほしいのになかなか乾かず、イライラしてしまうことがあります。

何かと手間のかかる靴下ですが、干し方を工夫するだけでこれらが解消されるのです!

靴下の干し方は、コツさえ掴めば、毎日のさまざまな悩みを解決することができます。

それでは早速、靴下の干し方を徹底攻略していきましょう!

 

 


靴下の干し方を徹底攻略!基礎知識を知ろう!

靴下の干し方について、まずは基礎的なところから知っていきましょう。

難しいことは一切なく、どれも至って簡単でシンプルです!

まずは靴下の干し方について、基本となるポイントからしっかり学んでいきましょう。

  • 直射日光を避けて干す
  • 風通しのいい場所に干す
  • 密集させないように干す

靴下を干すときには、直射日光が当たらない場所で干すように心掛けましょう。

直射日光は強い光のため、洗濯の生地を痛めてしまう原因になります。

乾かすためには太陽の光を当てるほう良いイメージでしたが、返って洗濯物には良くない影響があるのだということが分かりましたね。

また、風通しの良い場所で干すということもマストな条件になります。

風通しの悪い場所で干してしまうと、靴下が生乾きになりやすくなってしまいます。

風通しのよい場所に干していれば、直射日光が当たらなくでも洗濯物の水分が飛びやすくなるため、しっかりと乾いてくれます。

靴下をたくさんの数を干さなければならない場合、どうしても一ヶ所にまとめて干してしまいがちですよね。

靴下をひとつの場所に密集して干してしまうと水分が飛ばないため、乾きづらくなってしまいます。

密集させずに、必ずある程度は靴下同士の間隔を開けて干すことをおすすめします。

靴下は直射日光に当たらない、風通しの良い場所で、密集させずに干すことが基本になります!

これらの簡単なポイントをおさえるだけでも、靴下の乾き方に差が生まれるのでないでしょうか。

ほかのいろんな洗濯物に応用できそうな、簡単な靴下の干し方の基礎知識でした。

 

 


靴下の干し方には正しい向きがあった!!

靴下の干し方に、正しい向きがあるということをご存知でしたか?

実は、この向きこそが靴下の干し方の非常に重要なポイントになります。

靴下の正しい干し方の向きは、履き口が上、つま先が下です!

この靴下の干し方を守ることによって靴下が「長持ちさせること」「早く乾かすこと」を実現させることができます。

ここからは、この2つのメリットについて詳しく説明していきます。

 

正しい向きで干すと①長持ちする

靴下の履き口を上にして干すだけで、靴下が伸びづらくなり長持ちさせることができます。

靴下の履き口を下にして干してしまうと、水分が下へ下へと落ちた結果、履き口のゴムの部分に水分が溜まって重みが生じてしまいます。

正しい向きで干さないと、水分を多く含んだゴム部分が重みで引っ張られてしまい、生地が伸びてしまう原因にもなるということなのです。

またゴムの部分が長時間水分に浸っている状態が続くということは、ゴムにとって良い状態ではありません。

靴下の履き口のゴムの劣化を招くことに繋がってしまい、気付いたときには靴下がすぐにヨレヨレになってしまうことも考えられるのです。

靴下を干す向きに気を配るだけで、ゴム部分の劣化防ぎ、履き口の伸びを防止してくれるので、靴下を長持ちさせることに繋がるのですね!

 

正しい向きで干すと②早く乾く

靴下の履き口を上にして干すだけで、早く乾かすことができるようになります。

洗濯物は上から順番に乾いていく性質があるといわれています。

靴下を干すときに履き口を上にすることで、乾きづらいゴムの部分が先に乾いてくれるので、全体が早く乾きやすくなります。

これを逆の向きで干してしまうと、履き口のゴム部分が下になるので下にどんどん水分が溜まってしまい、靴下が乾きづらくなってしまうということですね。

これまで、洗濯バサミのあとが残らないように、あえてつま先を上にして干している場合も多いのではないでしょうか?

正しい向きで干すことにより、靴下が長持ちして乾きやすくなるのであれば、実践する以外の選択肢はありませんね!

 

 

靴下の干し方は裏返しにすると良い効果がある!

靴下を干すときに裏返しにするだけで、得られるメリットがあります。

靴下は裏返しにして干すことにより、色褪せを防止、劣化防止、消臭効果の3つの効果が期待できます。

ここからは、それぞれ3つの効果について解説していきます!

 

色褪せ防止

靴下を裏返して干すことにより、色褪せを防止してくれます。

洗濯物を干すときの直射日光による紫外線は、生地の色褪せや劣化の原因にもなってしまいます。

靴下を裏返しにして干すことにより、直射日光が当たることを防ぐことができるため、靴下の色褪せを防止してくれることに繋がるのです。

これは靴下に限らずとも、ほかの洗濯物にも応用できそうですね。

色褪せさせたくない靴下や衣類があれば、裏返しにして干すことをおすすめします。

 

劣化防止

靴下を裏返しにして干すことで、靴下が劣化するのを防いでくれます。

靴下はコーディネートの一部で、大事なファッションアイテムでもあります。

細かいデザインや飾りがついたものまで、靴下にもさまざまなタイプのものがあります。

繊細なデザインや飾りのついた靴下をそのまま干してしまうと、飾りが引っかかってしまったりして取れやすくなる原因にもなります。

靴下を裏返しにして干すと、デザインや飾りが引っかかってしまうことを防ぐため、劣化防止に繋がります。

大切にしている靴下が、干しているときにダメになってしまうのは悲しいですよね。

靴下の干し方を裏返しにするだけで、お気に入りの靴下を失ってしまう事態が防げるかもしれません。

長く履き続けたい靴下があるのであれば、裏返しにしてから干すようにしてみましょう。

 

消臭効果

靴下を裏返して干すことによって、靴下の消臭効果にも繋がるといいます。

靴下を履いているときに、一番肌に触れている部分は紛れもなく靴下の内側です。

その肌にいちばん触れている内側の部分にこそ、いちばん皮脂や汗がつきやすいということは想像しやすいですね。

靴下を裏返して干すことで、匂いの原因となる肌に触れる部分が風に当たりやすくなり、これが靴下の匂い撃退に繋がるのです。

干し方を工夫するだけで、匂いのエチケット効果もあるというのは嬉しいポイントですね。

 

注意点

靴下の汚れが酷い場合には、裏返しで干すことをおすすめできません。

汚れた部分が内側になってしまうと、汚れは落ちにくくなってしまうので逆効果になってしまいます。

これは洗濯機を回すときから言えることなのですが、汚れが酷い場合には裏返しにせず、汚れがきちんと取れる状態にするようにしましょう。

靴下の汚れ具合によって、干し方を変えるようにすることが大切だということですね。

靴下を裏返しにすることによって得られる以上の3つの効果は、干すより以前の、洗う段階から実践したほうがより効果的なのではないでしょうか?

靴下を裏返しにして干すだけで、たくさんのメリットが得られるということが分かりました♪

 

 

靴下の干し方が楽になる100均の便利グッズ!

靴下の干し方が楽になる便利グッズがあるとしたら、ぜひとも知りたいですよね?

靴下の干し方が楽になる便利グッズを、100均で手に入れることができます。

毎日の手間を少しでも省きたいというあなたにピッタリなアイテムを2つご紹介していきます!

 

平干しネット

平干しネットの使い方は、シンプルでとっても簡単です。

直射日光が当たらなく、風通しのよい窓際などに、この平干しネットをセットします。

あとは洗濯を終えた靴下をネットの上に平置きして干すだけです。

このアイテムを使うことによって得られるメリットはたくさんあります。

  • 洗濯バサミで挟む手間がなくなる
  • 取り込むときもサッと集めるだけ
  • お子さんのお手伝いにもぴったり
  • 靴下の伸びを防いでくれる
  • 洗濯バサミの跡が残らない

メリットで溢れすぎていて、デメリットが今のところ見つかりません!

平干しネットさえあれば、靴下を干すときにひとつひとつを洗濯バサミで挟んでいた手間を一気に省くことができるので、干し方がとっても楽になります。

これなら靴下を干すときに、向きを気にすることなく干すことができますね。

干し方も楽になりますが、取り込むときの手間も格段に無くなるのです。

洗濯バサミで挟んでいないので、乾いた靴下たちはサッとまとめて取り込むことができます。

これなら小さなお子さんでも簡単にできそうなので、洗濯物を干すときのお手伝いにも参加しやすくなるのではないでしょうか。

お子さんと一緒に家事をするきっかけになれば、とても素敵ですね♪

洗濯バサミで挟まないので、靴下が伸びてしまうことを防ぐこともできますし、さらには靴下に跡が残ってしまう心配もなくなります。

平干しネットのおかげで、靴下を干し方が楽になるうえに、靴下の劣化を防止してくれるなんて、良いことづくしですね!

洗濯物を干すときの手間を少しでも減らしたいと思っているそこのあなたにおすすめのとっておきのアイテムです。

平干しネット、お出かけの際にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

ソックスハンガー

スニーカーやパンプスのような靴を履くときに使う、ショートタイプの靴下があります。

足首までの丈になっていて、靴を履いたときに靴下が見えにくくなっているタイプの靴下です。

脱ぐとコンパクトになってしまうため、バラバラになりやすく、引き出しの中で行方不明になってしまうのは私だけでしょうか…。

そんな悩みに共感してくれたあなたに、必見のアイテムをご紹介します!

ソックスハンガーは、靴下をハンガーに履かせるだけで「干す」「収納する」が実現できる便利グッズです。

使い方は言うまでもなく至ってシンプルで簡単なもので、洗濯した靴下をこのソックスハンガーに履かせて、いつも通りに干すだけです。

乾いたらソックスハンガーは外さずに、つけた状態のまま収納することができます。

これで引き出しの中で靴下が知らぬ間にバラバラなることもなくなるので、知らぬ間に靴下が行方不明になってしまう悩みも無事に解決できそうです。

ソックスハンガーを履いた靴下の姿はまるで、お店で売っている状態のようなビジュアルで、綺麗に並んだ引き出しの中の靴下を眺めているだけでテンションも上がりそうですね。

靴下が干せるだけでなく、収納までしやすくなるという有能なソックスハンガーは、100均でも手に入れることができます。

ショートソックスの干し方や、収納にお困りの場合は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

まとめ

  • 靴下は「直射日光を避けて干す」「風通しのよい場所で干す」「密集させない」が基本!
  • 靴下を干すときの向きは「履き口が上」「つま先が下」がベスト
  • 靴下の干し方次第で「長持ち」「早く乾かす」を実現することできる
  • 靴下は裏返しで干すと「色褪せ防止」「劣化防止」「消臭効果」が期待できる
  • 靴下を干すときに役立つ便利グッズは100均で手に入れることができる

ここまで、靴下の干し方について徹底攻略してきました。

靴下を干す向きを変えるだけで、あるいは裏返しにするだけで、想像以上にたくさんのメリットがあるのですね。

100均で手に入れることができる便利グッズもとても魅力的で、手に入れたいと思うものばかりでした。

靴下の干し方をすこし変えるだけで、毎日の生活に少しでもハッピーな瞬間が増えるといいですね♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました