クリスマスケーキ理論は女性の〇〇を表す言葉!?違う言い方もある!!

暮らし

あなたはクリスマスケーキ理論というものを知っていますか?聞いたことあるけど、なんだっけ?という人も多いと思います。

実は、クリスマスケーキ売れ方を女性の婚期と結びつけた理論のことです。

クリスマスケーキ理論は、80年代に多く使われた言葉。

その当時の結婚する年齢は、女性は25歳が多く、女性の25歳をクリスマスケーキに例えたものです。

現在は晩婚化と呼ばれており、2019年の結婚する年齢は女性が29歳と80年代に比べると明らかに遅いことが分かります。

今はキャリアウーマンで仕事を頑張る方が多いですよね。人それぞれなので、理論づけられるのもおかしな話ですよね。

クリスマスケーキ理論について調べてみました。女性の方は腹立たしくなる方もいるかもしれません。

こんな考えもあるんだと軽い気持ちで読んでくださいね。

 

 

クリスマスケーキ理論は女性の婚期を例えた言葉だった!

なぜ女性の婚期をクリスマスケーキの売れ行きに例えられているのでしょうか。

クリスマスケーキ理論は80年代に多く使われた言葉だと先述していますが、これはもう一度念押ししておきますね。

そして12月25日はクリスマス。その前後でクリスマスケーキがどう売れていくのか?

そこに、女性の年齢が重ねられているのです。詳しくみていきましょう。

 

12月23日以前(23歳未満)

クリスマスイブの前ですが、事前にケーキを予約しておく人もいます。

大事なケーキ(女性)であるほど、イブの前日から、しっかり予約されているようです。

結婚が早い人はこのくらいの年齢で結婚する人もいますよね。

現在は大学卒業後になるので、結婚する人もいますが、新卒で働き始めの人が多い印象です。

 

12月24日(24歳)

多くの人が、イブの夜にクリスマスケーキを食べますよね。

美味しくて新鮮で、予約をしていた人たちが受け取りに来る定価販売商品です。需要がピークでケーキがたくさん売れます。

女性も24歳に結婚する人が増える、いわゆる1回目の結婚ラッシュがあるようです。

私の周りでも24歳頃に結婚報告受けることが多かったです。

 

12月25日(25歳)

イブではなく、クリスマス当日にケーキを食べる人もたくさんいます。当然ながら定価販売していますよね。

25日が終わるギリギリになると、少し値引きや半額になることもあります。

まさに結婚適齢期と言われています。25歳になるとなぜか不思議と結婚を考える人が多い気がします。

私はこの時期に友達と話すと必ず一回は結婚の話題になりました。

 

12月26日(26歳)

街には売れ残ったクリスマスケーキが安売りで並びます。日が経つにつれてどんどん売れなくなります。失礼な話ですよね。

この辺から、周りにも結婚する人が出てきて、いつ結婚できるんだろう?と不安になる人もいるのではないでしょうか。

 

12月27日(27歳)

クリスマスの日にちから離れるたびに、どんどん価格が割引されていきます。

私はこの時に結婚しましたが、焦りがあったのを覚えています。

 

12月28日(28歳)

正規の価格ではクリスマスケーキを買えない人、安く買いたい節約志向の人が、ひょっとしたら買ってくれるかもしれません。

友達は親に結婚はどうするの?と心配されているという話をされたことがあります。

 

12月29日以降(29歳以上)

そろそろ「消費期限」が心配になって来る頃です。廃棄されてしまう可能性もありますね。

このようにクリスマスケーキの売れ方を女性の婚期に例えられています。しかし、2019年に結婚する年齢は29歳の人が多いようです。

このクリスマスケーキ理論は80年代によく使われていたということを忘れないでください。現在は晩婚化と言われていますよね。

 

 

クリスマスケーキ理論は間違っている!

80年代に流行った、クリスマスケーキ理論では25歳が結婚適齢期でした。

しかしだんだん結婚する年齢も変わってきて、2000年代には男性の平均が28〜29歳、女性の平均は27歳です。

2019年にもなると、男性の平均が31歳、女性の平均が29歳であり、クリスマスケーキ理論とは異なります。

2020年の今では、クリスマスケーキ理論ではなく、年越しそば理論やおせち料理理論というものがあるようです。

年越しそば理論 31日までは食べられる。
おせち料理理論 新年(1日〜3日=31歳〜33歳)を迎えて食べられる。

年越しそば理論やおせち料理理論があるとは驚きですよね。

しかし晩婚化と言われている時代に合った言葉かもしれません。

何度も言いますがこんな考え方もあるんだと軽い気持ちでいてくださいね。

 

クリスマスケーキ理論の優しさとは?

いろいろ書きましたが、25歳までに結婚した方がいいというクリスマスケーキ理論には優しさがあったのかもしれません。

女性が子供を産める年齢は個人差がありますが、どうしても年齢のリミットがありますよね。

35歳以上になると高齢出産と言われてしまします。

人は期限がないと、やるべきことができないと思うのです。

試験や提出物、締め切りなどは、期限があり急かされるからこそ力を発揮できます。

期限がないとだらだらしてしまいますよね。私はギリギリにならないとできない性格です。

クリスマス理論は、平均結婚年齢が29歳の2019年では使わない言葉ですが、期限があることを伝えてくれていると考える事もできますね。

 

 

まとめ

  • クリスマスケーキ理論は80年代によく使われていた女性の婚期を表す言葉
  • 晩婚化の現在は年越しそば理論やおせち料理理論がある
  • 今はキャリアウーマンで仕事を頑張る人が多い
  • クリスマスケーキ理論は期限があることを伝えている

クリスマスケーキ理論のように女性の婚期を表す言葉は、女性にとって腹立たしくなるかもしれません。

年越しそば理論やおせち料理理論があるように、今は30代の結婚が多いです。

理論にとらわれず、自分の幸せは自分が決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました