カーネーションを贈るときにダメな色は?花言葉と本数も要チェック!!

行事

母の日といえばカーネーション。5月だけでなく、いつでも花屋さんで見かけますよね。

カーネーションは値段も手頃で色の種類も多く、切り花でも日持ちすることから、贈り物として重宝されています。

なにより見た目が可憐なカーネーションは、とても人気のある花なのです。

でも気を付けて!カーネーションをプレゼントするときにはふさわしくない、ダメな色があるのです。

なんでダメな色なの?と調べてみたら、母の日の由来や、カーネーションの花言葉がその理由でした。

ダメな色のカーネーションが、相手とあなたがギクシャクするきっかけになってしまうかも…?

喜ぶ顔を見たくて渡すプレゼントですから、意図しないギクシャクは本末転倒であるはず。

ダメな色とその理由をバッチリ調べておきましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

 


カーネーションを贈るときにダメな色とは

カーネーションを贈るシチュエーションといえば、母の日のプレゼントが多いと思います。

ここでは基本的に、母の日にカーネーションをプレゼントするという前提で説明をしていきますね。

母の日に贈るカーネーションとしてダメな色は、白と黄色です。

厳密にいえば他にもあるのですが、最低限この2色は避けた方が良いことと、その理由をお伝えします。

母の日の由来を知れば、白いカーネーションがダメな理由がわかります。

黄色がダメな色といわれるのは、その花言葉が理由でした。

特に母の日の由来は知っていた方が良いことなので、詳しく説明していきますね。

 

白いカーネーションを母の日に贈るのはダメ

母の日のプレゼントにカーネーションを贈るなら、白は最もダメな色、避けるべき色です。

母の日は、アンナ・ジャービスという女性が亡くなった母親を追悼するために白いカーネーションを配ったことがきっかけで、1914年にアメリカの祝日となりました。

母の日は、アメリカの文化が日本に渡ってきて根付いたものなのですね。

昔は、母親がいない子供は白いカーネーションを、母親が健在の場合は赤いカーネーションを胸に飾るという風習でした。

つまり、母の日の白いカーネーションは母が亡くなったことを意味するものなのです。

私の個人的な経験ですと、ご年配の方ほど母の日の起源をよくご存じです。

実母、義母を問わず、ご健在である母親に対して、特別な理由なく白いカーネーションを贈ることは避けた方が良いでしょう。

 

黄色い花の花言葉には要注意

白いカーネーションだけでなく、黄色いカーネーションにも注意が必要です。

カーネーションに限りませんが、そもそも黄色い花には良くない意味の花言葉が多いのです。

明るい色である黄色に、なぜネガティブイメージが?と思いますよね。

しかしヨーロッパでは、黄色には「裏切り、嫉妬、異端、堕落」などのイメージがあり、嫌われがちな色なのだそう。

一説によると、キリストを裏切ったユダが黄色い服を着ていたことが、黄色にネガティブイメージがついた理由のようです。

花言葉にはヨーロッパ発祥のものが多いので、黄色い花の花言葉があまり良くないのも、仕方ないことかもしれません。

もし花言葉が日本で作られていたら、黄色い花にもポジティブなイメージがつけられていたかもしれませんね!

例にもれず、黄色いカーネーションにも「軽蔑、嫉妬」というネガティブな花言葉があります。

受け取る人が花言葉に詳しい場合、ちょっと悲しい思いをさせてしまうかも…?

黄色い花を贈りたいと思ったときには、花言葉は大丈夫な意味かどうか、少し気にするようにしておくと良いでしょう。

カーネーションの花言葉については、次に詳しく紹介します。

日本の花の花言葉は、こちらの記事でも紹介していますよ。

桜の花言葉には怖い意味がある!?噂の真相と諸説について徹底調査!!
春を訪れを告げる花、桜。日本人が大好きな花ですが「桜の花言葉は怖い」という噂があるようです。桜の花言葉に怖い意味はないのですが、なぜそう言われるようになったのでしょうか。フランス語起源?小説?神話から!?怖いと言われる謎を徹底調査しました。

 

 


カーネーションには色の種類だけ花言葉がある

カーネーションは色の種類や品種がとても豊富で、なんと3000以上の種類が存在します。

カーネーションの花言葉は「無垢で深い愛」です。母の日はもちろん、結婚式などのパーティーにもぴったりな花言葉ですよね。

ただし、カーネーションは色の種類によって花言葉が変わってくるのです。

次に紹介するものの中に、あなたの知っている花言葉はありますでしょうか?

 

カーネーションの花言葉をチェック!

「無垢で深い愛」を共通とするカーネーションの花言葉は、色の種類によって変わります。その代表的なものを紹介しますね。

カーネーション色別の花言葉
母の愛 母への愛 感動 愛を信じる 真実の愛
濃赤私の心に哀しみを 欲望
純粋な愛 尊敬 母を偲ぶ 私の愛は生きています 愛の拒絶
黄色美 友情 軽蔑 嫉妬 愛情の揺らぎ
ピンク女性の愛 美しい仕草 感謝 気品 温かい心 熱愛
誇り 気品 気まぐれ 移り気
永遠の幸福
癒し 純粋な愛情
オレンジ熱烈な愛 あなたを愛します 清らかな慕情
複色愛の拒絶 私はあなたの奴隷
虹色感謝

花言葉だけで考えると、母の日の贈り物としては、やはり赤が最適なようですね。

ピンクも母の日にピッタリの花言葉が揃っています。

虹色や青いカーネーションはとても珍しいのですが、珍しいからこそ贈り物としては喜んでもらえそうです。

逆に、濃赤、白、黄色、紫、複色のカーネーションには、ネガティブな意味があるので避けたくなりますね。

しかし、これだけ色の種類が豊富なカーネーション。

花言葉だけにこだわりすぎて、選択肢を絞りすぎてしまうのも味気ないものです。

紫の「気品」はステキな花言葉だし、ネガティブな意味だけに目を向けるのはもったいない気がするね。

 

ダメな色のカーネーションを贈るなら

ダメな色のカーネーションは、母の日にプレゼントしない方が良いと説明しました。

でも、お母さまが白や黄色が大好きだとしたら、やっぱり白や黄色の花束をプレゼントして喜んでもらいたいですよね。

ダメな色は、違う色のカーネーションと合わせてカラフルな花束にするか、メッセージカードを添えて贈りましょう。

この色にしたことに他意はなく、ただあなたに喜んでほしいのですよ、という意図が伝われば良いのです。

何も、ダメな色は絶対ダメ!というわけではないのです。贈り物は気持ちが大事。

カーネーションを贈って喜ばせたいという気持ちが正しく伝われば、花言葉は関係なく素敵なプレゼントになるはずです。

また、花言葉なんて全然気にしない!という大らかな相手であれば、遠慮なくどの色でも贈ってあげましょう!

ちなみに、花言葉を気にしない代表である私の母が、歴代で最も喜んでくれたカーネーションは黄色でした(笑)花言葉を伝えたら大笑いしていましたよ。

 

赤いカーネーションの花言葉が変わっていた?!

先ほどの花言葉一覧表の中で、同じ赤なのに濃赤だけネガティブな意味であったこと、不思議に思いませんか?

気になって調べてみたのですが、母の日の風習ができる前後で、なんと赤いカーネーションの花言葉が変わっていたのです。

赤いカーネーションの昔の花言葉は「哀れな心」というもの。

キリスト教には、十字架にかけられたキリストを見送る聖母マリアが流した涙がカーネーションになった、という伝説があります。

カーネーションには、もともと哀しいイメージがあったのですね。

しかし、後に赤いカーネーションには母の日にまつわる強いイメージができてしまいました。

なので、代わりに「哀れな心」を濃赤の花言葉としたようです。

花言葉も歴史によって変わっていくものなのですね。

花言葉を気にしすぎるのも良くないのかもしれませんね。

 

 

カーネーションの花束は本数で意味が変わる?

カーネーションは、色によって花言葉が異なるということを紹介しました。

では、カーネーションの本数によって意味が変わることはあるのでしょうか?

バラの花束が本数によって意味が変わるのは有名です。108本のバラを渡してプロポーズ、なんてロマンティックですよね!

しかし、カーネーションは本数によって意味が変わることはありません。

カーネーションをプレゼントするときに、本数については特に気にする必要がなさそうですね。

 

花束の本数に込められた意味

ただ、カーネーションに限らず、花束としての本数に込められた意味というのは存在します。

花言葉が気になる人なら、本数の意味もちょっと気にしてしまうもの…。

花束をプレゼントするときの参考になるよう、紹介しておきますね。

花束の本数に込められた意味

  • 1本 あなたは運命の人
  • 3本 あなたを愛しています
  • 4本 あなたを一生愛し続けます
  • 6本 あなたに夢中です
  • 8本 思いやりに感謝
  • 9本 いつまでも一緒にいましょう
  • 11本 あなたは最愛の人
  • 15本 ごめんなさい
  • 16本 不安な愛
  • 17本 絶望の愛
  • 40本 永遠の愛を誓います
  • 50本 永遠
  • 99本 永遠の愛
  • 108本 結婚してください

こうしてみると、花束は恋人たちのものという気がしてきますね。

花言葉や花束の本数に具体的に意味を見出すのも、そんな恋心の歴史なのでしょうか…。

気を取り直して。母の日のプレゼントであれば8本の「思いやりに感謝」が良さそうです!

 

ダズンフラワーもおすすめ

母の日のプレゼントとしては8本が良さそうだけど、予算的にもサイズ的にも、もう少し本数を増やしたいなぁ…。

そんなときは本数を少し増やして、ダズンフラワーにするのがおすすめです!

ダズンとは1ダース、つまりカーネーションが12本の花束を作ることです。

12本にはそれぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味を込めます。

花束を渡すときに、12本にした意味もお伝えしてくださいね。想いのこもった贈り物になりますよ。

 

鉢植えと花束で意味の違いはある?

花束の本数による意味の違いはわかったけど、ちなみに鉢植えと花束にも意味の違いはあったりするの?

ご心配なく!鉢植えと花束での意味の違いはありません。

鉢植えが良いか、花束が良いかは、相手が園芸を趣味にしているかどうかで判断しましょう。

花が日常的にお家の中やお庭にあるようなご家庭であれば、鉢植えは喜ばれると思います。

逆に、忙しくてあんまり家にいない!花の世話まで手が回らない!というようなご家庭には、シンプルな花束が良いのではないでしょうか。

カーネーションは切り花であっても長持ちする花ですので、お手入れもこまめに水を変えるだけで十分。

普段は花を飾らない、というようなお家でも、無理をすることなく楽しんでもらえますよ。

 

 

まとめ

  • 母の日に贈るカーネーションとして一番ダメな色は白
  • 母の日には、生きている母親には赤、亡くなった母親には白いカーネーションを贈るもの
  • 黄色は良くない花言葉が多いため、ダメな色と言われる
  • ダメな色は、他の色と一緒にカラフルな花束にすればプレゼントにしてもOK
  • 良くない花言葉を持つ花を贈るときは、メッセージカードで意図を伝えて
  • カーネーションはその色によって花言葉が変わる
  • 花束は本数によって意味が変わる
  • 鉢植えと切り花には特に意味の違いはない

母の日といえばカーネーション。定番ではありますが、花をプレゼントされるのは、いつだって嬉しいものです。

せっかくの笑顔をくもらせないためにも、送り手としての配慮はどうしても必要になります。

色の意味や花言葉はきちんと理解しつつ、素敵な花束を選んでくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました