郵便ポストがあるコンビニはここだ!回収時間や投函可能なサイズまで!

暮らし

郵便を出したいけど、近くに郵便ポストがない。郵便局も時間内に行くのはなかなか難しい…。

そんなとき、近くのコンビニに郵便ポストがあったらとても便利ですよね。

コンビニに郵便ポストが設置されているのを、一度や二度はみかけたことがあるのではないでしょうか。

しかしながら、どのコンビニに設置されているかと問われると、正直そこまでは覚えていないものです。

近くのコンビニポストを知っていると、いざ送るものができたときにいつでも投函できるのでとても便利♪

郵便ポストが設置されているコンビニについて、詳しくお伝えします。

郵便物の回収時間や投函可能なサイズについてもまとめているので、よければ参考にしてくださいね。

 

 


郵便ポストが設置されているコンビニをご紹介

コンビニの郵便ポストは、24時間いつでも投函可能♪

好きな時間に投函できるのが嬉しいですね。

郵便ポストが設置されているコンビニについて詳しくご紹介します。

ポストがほぼ確実にあるコンビニ

  • ローソン

ローソンには、ほぼ確実に郵便ポストが設置されています。

どのコンビニに行くか迷ったら、とりあえずローソンに直行しましょう。

ローソンの郵便ポストはほぼ店内に設置されています。

しかしながら、近所にローソンがない場合もありますよね。

近所にローソンがない場合はとりあえず、ミニストップかセブンイレブンに行ってみましょう。

一部店舗にポストがあるコンビニ

  • ミニストップ
  • セブンイレブン
  • ローソンストア100
  • ファミリーマート

ミニストップは、郵便ポストが設置されていなければ、近くに郵便ポストがある可能性が高いです。

もしミニストップに郵便ポストが置かれていなければ、近くにポストがないか探してみましょう。

ミニストップは、店内にポストが置かれていることが多いです。

また、セブンイレブンなら近所にあるというあなた!

セブンイレブンは店舗数が多いので、ポストが設置されている店舗をみつけられる可能性は高いです。お近くのセブンイレブンに行ってみましょう。

セブンイレブンは、外にポストが設置されています。

ミニストップとセブンイレブンに行ってみたけど、郵便ポストが置いていなかった…。

そのような場合は、ローソンストア100に行ってみましょう。

「ローソン」と「ローソンストア100」は異なるので、注意してくださいね。

ローソンがあれば、確実に郵便ポストが設置されているローソンへ行きましょう。

ファミリーマートは、ごく一部の店舗にしか郵便ポストは設置されていません。

ファミリーマートでポストをみつけたらラッキーと思って、ぜひ利用してみてくださいね♪

ちなみに、日本郵政公式サイトの「コンビニエンスストアを探す」という項目をクリックすると、郵便ポストが設置されているコンビニを地域別で検索することができます。

事前にサイトで調べたほうが探し回るよりも効率的かも♪

最後に、郵便ポストが設置されている地域限定のコンビニについてご紹介します。

主に北海道のコンビニになりますが、気になるあなたはチェックしてみてくださいね。

ポストが設置されている地域限定のコンビニ

  • セイコーマート
  • ハセガワストア
  • タイエー
  • ハナマスクラブ

北海道、埼玉県、茨城県にあるコンビニといえば、セイコーマートです。

北海道、埼玉県、茨城県にお住まいのあなたは、お近くのセイコーマートに行けば郵便ポストが設置されていますので、利用してみてはいかがでしょうか。

ハセガワストア、タイエー、ハナマスクラブはすべて、北海道にあるコンビニですね。

こちらのコンビニにも郵便ポストが設置されていますので、北海道にお住まいのあなたはぜひ、ご活用ください♪

北海道のコンビニは郵便ポストが充実していていいなあ。

 

 


郵便ポストがあるコンビニの郵便物回収時間は?

コンビニは24時間あいているので、好きな時間に投函できるところが良いところですね。

しかしながら郵便物の回収時間は、住んでいる地域や密集する郵便ポストの多さによって異なります。

それでも回収時間には少なからず共通点があるので、よくある回収時間についてまとめてみました。

 

基本的な回収時間

コンビニにおける郵便ポストの回収時間は、午前に1回、午後に1回ということが多いです。

特に朝の9時〜11時過ぎに1回、夕方の15時〜16時過ぎに1回、回収するところが多いです。

ちゃんとした回収時間はポストに記載されていますので、必要であれば投函する際にチェックしましょう。

ポストには、「平日・土曜日・休日」の回収時間が書かれています。

ときに「土曜日」についての記載がない場合がありますが、土曜日は「平日」と同じ扱いになります。

土曜日はあくまでも休日扱いではなく、平日扱いに分類されるので注意しましょう。

 

回収物のお届け日数

コンビニのポストに投函した郵便物が、いつ届くのかについても気になりますよね。

実際に、北海道から沖縄に送った場合のお届け日数について調べてみました。

郵便局公式サイトの「お届け日数を調べる」で、検索することができます。

郵便物の種類午前に届いた配達物午後に届いた配達物
手紙・はがき翌々日翌々日
レターパックプラス翌日午後翌々日午前
レターパックライト翌日午後翌々日午前

手紙やはがきは、遅くても翌々日には届くようですね。

レターパックプラス及びレターパックライトは、午前中に配達局に到着したものであれば、次の日の午後には届くようです。

一方、午後に配達局に届いた配達物は、届くのが早くても2日後になるようですね。

なおレターパックライトは、配達状況によりさらに1日ほど日数がかかる場合もあるようです。

いずれにせよ、お急ぎであれば直接郵便局から速達でおくるか、余裕をもってポストに投函することをおすすめします。

配達物の種類は曜日によって異なります。月曜〜土曜日は全種類の配達がありますが、日曜および祝日は、急ぐ郵便物の配達のみとなるので注意しましょう。

定形郵便や定形外郵便、手紙やはがきは、日曜や祝日には配達されません。

レターパックプラス及びレターパックライトはその限りではなく、日曜や祝日でも配達を行っています。

郵便物を送る際は、休日を加味したうえで余裕を持って投函しましょう。

 

コンビニのポストから送れる郵便物

コンビニのポストでは、全ての郵便物が送れるわけではありません。送れる郵便物は以下のとおりです。

コンビニのポストで送れる郵便物

  • 定形郵便物
  • 定形外郵便物
  • レターパックプラス
  • レターパックライト

上記郵便物でも、郵便ポストに入らないサイズのものや、計量しておらず送料がわからないものに関しては送ることができないので注意しましょう。

コンビニでは基本、上記郵便物の預かりや送料の見積もりなどは行っていません。事前にすべて自分で準備したうえで投函しに行く必要があります。

その点郵便局は、一度ですべての工程を済ませることができるので便利ですね。

サイズが大きすぎて投函できない郵便物や、計量しておらず送料がわからない郵便物に関しては、24時間対応している郵便局のゆうゆう窓口の利用をおすすめします。

日本郵政の公式サイトより「ゆうゆう窓口(営業時間外窓口)を探す」をクリックすれば、窓口一覧をみることができますので、お困りの際は活用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、切手に関してはほとんどのコンビニで購入できます。

送料さえわかっていれば、あとは切手をコンビニで購入してそのままポストに投函すればOKですね。

 

ゆうパック

ちなみに、一部限られたコンビニではゆうパックも送ることができます。

ゆうパックは、郵便ポストに投函するのではなく直接店員さんに対応してもらいます。

ゆうパックとは、ちょっとした宅配便をコンビニの窓口からもおくれる郵便局のサービスです。

ゆうパックを送れるコンビニは、ローソン、ハセガワストア、タイエー、ハナマスクラブ、一部店舗のミニストップ及びローソンストア100になります。

送りたいものをダンボールや紙袋などに梱包して店員さんにあずけ、必要な伝票をもらって記入します。届ける日時や料金を確認して会計をすれば手続き完了です。

郵便局もさまざまなサービスを行っていますね。うまく利用して時間を有効的に使いたいものです。

 

 

郵便ポストがあるコンビニのポスト投函口のサイズは?

郵便物がコンビニのポストで送れるのは便利ですよね。

しかしながら、ポストに投函できるサイズでなければどんな郵便物も送ることはできません。

そもそも郵便ポストの投函口のサイズって、いくつなのでしょうか?

郵便ポストの投函口のサイズがわかれば、お手持ちの郵便物が投函できるかどうかわかります。

郵便ポストの投函口のサイズについて調べた結果をお伝えします。

投函口のサイズ

郵便ポストはいろいろなサイズがあるため、一概にこのサイズとはいえません。

しかしながら基本的には、以下のようなサイズであることが多いです。

郵便ポストの投函口のサイズ

  • 新しいタイプのポスト
    横幅:29cm✕厚み:4cm
  • 古いタイプのポスト
    横幅:24cm✕厚み:3.4cm
  • ローソン店舗内のポスト
    横幅:24cm✕厚み:3.4cm

まず、お手持ちの郵便物のサイズを確認してみましょう。あなたの送りたい郵便物が上記におさまるサイズであれば、投函することができます。

ちなみに、コンビニの郵便ポストで送ることができる郵便物は、「定形郵便物・定形外郵便物・レターパックプラス・レターパックライト」です。

レターパックプラスやレターパックライトは、厚みが問題なさそうであれば上記どのポストにも投函できますよ。

学生の頃にローソンにつとめていたと話す夫がそう言っていました(笑)

日本郵政の公式サイトではレターパックの一辺は24.8cmと記載されていたので、あやうく「新しいタイプのポスト」にしか入らないのでは…と勘違いするところでした。

投函可能なサイズが確認できたところで、次に気になるのは送料ですよね。送料がわからなければ、投函することができません。

コンビニで送れる郵便物の各送料について詳しくまとめたので、以下も参考にしてみてください。

 

郵便物の送料

コンビニのポストから送れる郵便物の各送料について、表にまとめました。

以下の表を参考に、お手持ちの郵便物の送料を確認しましょう。

送料がわかったら、あとは送料分の切手を貼ってコンビニのポストに投函すればOKです。

コンビニのポストから送れる郵便物送料
定形郵便物最大サイズ:23.5cm✕12cm✕厚さ1cm
最小サイズ:14cm✕9cm
重さ:50g以内
25g以内 84円
50g以内 94円
定形外郵便物①規格内
最大サイズ:34cm✕25cm✕厚さ3cm
最小サイズ:14cm✕9cm
(円筒形の場合14cm✕3cm)
重さ:1kg以内
50g以内   120円
100g以内 140円
150g以内 210円
250g以内 250円
500g以内 390円
1kg以内   580円
②規格外
最大サイズ:1辺が60cm、縦+横+厚さ=90cm
最小サイズ:規格内と同様
重さ:4kg以内
50g以内   200円
100g以内 220円
150g以内 300円
250g以内 350円
500g以内 510円
1kg以内   710円
2kg以内   1040円
4kg以内   1350円
レターパックプラスA4サイズ:34cm✕24.8cm4kg以内  520円
レターパックライトA4サイズ:34cm✕24.8cm
厚さ:3cm以内
4kg以内  370円

※コンビニでは基本、郵便物の預かりや送料の見積もりなどは行っていません。

そのため、事前に送料を確認してから投函しに行く必要があります。

ほとんどのコンビニで切手は売っていますので、送料さえわかればあとはコンビニで切手を買って投函するだけですね。

 

 

まとめ

  • 郵便ポストがほぼ確実に設置されているコンビニはローソン
  • ミニストップやセブンイレブンは一部店舗に郵便ポストが設置されている
  • ファミリーマートにはほぼ郵便ポストは設置されていない
  • 郵便ポストは外に限らず、店内に設置されている場合があるので見逃し注意
  • コンビニの郵便ポストの回収時間は朝1回、夕方1回の場合が多い
  • コンビニの郵便ポストで送れる郵便物の種類は決まっている
  • 郵便ポストの投函口のサイズはいろいろあるが、主に3つ
  • コンビニでは基本、郵便物の計量や送料の見積もりは行っていないので注意

コンビニに郵便ポストがあると、探しやすくて助かりますよね。

お近くにローソンがあれば、とりあえずローソンへ直行です!

ローソンで切手を買ってはがきに貼り、投函すれば完了です♪


コメント

タイトルとURLをコピーしました