乾燥肌さんでも乾燥しない!?うるおい肌を作るベースメイクのコツ

美容・健康

年中いつでも気になるお肌の乾燥!ちなみに私は1日のうちに乾燥しない日なんてありません…。

乾燥肌さんにとって、夏の冷房や冬の張りつめた空気は大敵そのもの。

かさかさお肌は、メイクのノリも良くないし、崩れやすくなりますよね。

しかも、乾燥肌がひどくなるとお肌の調子が不安定になり、更なる肌トラブルに繋がることも…。

それでも、誰かに見られるならかさかさお肌は嫌!と、ファンデーションや化粧下地を乾燥肌さん向けのものにしてみたけれど、見た目も効果もいまひとつ…なんて経験はありませんか?

乾燥知らずのうるおい肌には憧れるけど、乾燥しないお肌にみせるなんて何をどうしたらいいんだろう…?

そこで、悩める乾燥肌さんのために、乾燥しない自然なお肌が作れる方法についてまとめてみました!

 

 

乾燥肌でも乾燥しないベースメイクのポイント3選!

乾燥しないお肌のためには、まずは入念な保湿と、乾燥肌に適した化粧下地で土台を作ることが大切です。

とはいえ、かさかさお肌に悩まされ続けている乾燥肌さんなら、すでにスキンケアには気を使っているはず。

化粧水、乳液、クリームの順にお肌に塗っていくケアは基本ですよね。

私も毎晩お風呂上がりの習慣にすることで、なんとか継続しています。(たまに忘れて翌日痛い目をみます。)

しかし、それだけではなぜかお悩みが尽きないのが、乾燥肌さんのつらいところ、ですよね。

乾燥しないお肌を実現するためのアイテムの選び方や使い方には、ちゃんとコツがあるんです。ポイントを【3つ】を厳選しました!

 

ポイント①朝はメイク前のスキンケア

家事で疲れた日も、仕事で遅くなった夜も、基本のスキンケアは欠かしません!という人、とっても素晴らしいです!

その通り、毎日のスキンケアが乾燥しないお肌を作るんです。

だけど、忙しくて時間のない朝はちょっと手を抜きがち…だったりしませんか?

乾燥しないベースメイクのコツは、実はここにあるんです。

そこで、朝のメイク前におすすめのスキンケアをご紹介します!

それは、「化粧水の後、パックをすること」です。

メイク前のパックでお肌をしっかりと保湿してあげると、そのあとのファンデーションのノリや仕上がり、崩れにくさがとってもUPします!

パックなら、そのまま他の支度をすることもできるので、忙しい朝でも取り入れられそうですよね。

パックの後は、クリームか乳液でフタをしてあげてくださいね。

 

ポイント②保湿力&柔らかい化粧下地

メイク前のスキンケアでばっちり保湿ができたら、お肌の表面の水分がある程度消えるのを待って、化粧下地を塗っていきます。

乾燥肌さんにおすすめの化粧下地は、なんといっても保湿力のあるもの。

売り場で手に試し塗りをしたときに、しっとり感のあるものを選んでみてください。

下地を塗った時点でしっとり感があれば、ファンデーションを重ねても自然なうるおい感が表面に現れやすくなります。

また、急いで買う必要がないのであれば、試し塗りをしたままお店を出てしばらく過ごしてみてくださいね。

時間が経っても下地が乾燥しないかどうかをチェックしてみましょう。

また、乾燥肌さんには、テクスチャーが柔らかいものもおすすめ。

伸びが悪いタイプの下地だと、お肌との間に摩擦が起こり、乾燥肌にはトラブルの原因にもなりかねません。

その点、柔らかいタイプの下地は、お肌を強く擦ることなく薄く伸びてくれるので、乾燥肌さんにも優しいんです!

 

ポイント③崩れ防止!薄くムラなく伸ばす

柔らかいテクスチャーのもので保湿力があり、自分にあった下地を選べたら、次はその使い方です。

まず、パール粒大くらいの量をとります。額、鼻、両頬、あごの【5点】に置いて、お顔の中心から外に向かって伸ばしていきましょう。

ここで、自然なお肌のポイントをひとつ。化粧下地を塗るときのポイントは、薄くムラなく伸ばすこと。

乾燥しないようにとの思いから多めに塗りたくなる気持ちはよくわかります。でも、厚塗りはむしろメイク崩れの引き金になるんです!

そして薄く伸ばすべきなのは、ファンデーションも同じです。厚塗りは避けて、メイク崩れを回避しましょう。

 

 

乾燥肌にはミスト化粧水が最適

ここまでの3つのポイントを押さえられたら、乾燥肌さんでも乾燥しない、うるおって見えるお肌になれているはず!

それでも、日によっては空気の乾燥がひどくて、メイクが崩れてしまったりするかもしれません。

今日は特に乾燥するな、と感じたら、ミスト化粧水を活用してみましょう。

ミストをメイクの上から顔に吹きかけ、軽くティッシュで押さえてオフします。

こうして乾燥しないようにミスト化粧水で保湿しながら過ごすことで、乾燥によるメイク崩れ予防になります。メイク直しの回数も少なくなりますよ。

ミスト化粧水を選ぶときの注意点です!アルコール成分が入っているものは避けてくださいね。

アルコール成分が含まれているミストは揮発性が高いため、お肌の乾燥を促進させてしまうんです。

これは、手指のアルコール消毒などで実感されていることと思います。つけた後の手はかさかさしてしまいますよね!

乾燥しないためのミスト化粧水で、より乾燥肌になってしまっては本末転倒……。購入時は、成分表示をしっかり確認してくださいね。

とにかく乾燥しないように保湿力重視で選んだり、香りの良いものにして気分を上げたり、お肌への優しさを考えてオーガニックのものにしたり、選択肢はいろいろ。

乾燥しないお肌を目指して、自分に合ったミスト化粧水を選んでみてくださいね。

 

 

そもそも乾燥肌とは?

そもそも乾燥肌とは、空気の乾燥や紫外線などの外的刺激、加齢など、さまざまな要因によってお肌に水分・皮脂が不足している状態を指します。

逆に、乾燥しないお肌とは、必要な水分・皮脂がキープされている、健康的なお肌のことですよね。

乾燥しないお肌に憧れる乾燥肌さんですが、つまりは健康的に見える自然なお肌を手に入れたいと思っている、と言えるかもしれません。

ただ単に「乾燥肌じゃなくて、乾燥しないお肌になりたい!」とだけ願うのではなく、健康的で自然なお肌とはどういうものか、と考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

健康の基本である食事と睡眠を工夫してみることでも、お肌の調子は変わります。

ファンデーションはもちろんですが、チークやアイシャドウもツヤ感のあるものを選ぶことで、血色良くうるおっているように見せることができます。

どう見られたいかを考えて、少しずつ、その理想のお肌に近づけていきましょう!

 

 

まとめ

  • 乾燥肌でも乾燥しないベースメイクが存在する
  • メイク前のパック、化粧下地の選び方と塗り方のポイントを押さえて自然なお肌に
  • それでも乾燥するならミスト化粧水を活用
  • なりたい肌をイメージして健康的お肌を目指そう

ベースメイクの土台をしっかり保湿することで、その上に重ねるメイクも生きてきます。

これで、乾燥しない、自然できれいなお肌に見せられます!

しっかりとポイントをおさえて、乾燥肌さんも乾燥しないお肌をキープしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました